サイトマップ RSS

エボラ別ウイルス 新たな敵 コンゴで2人死亡 世界拡散懸念 (1/3ページ)

2014.8.26 09:10

エボラ出血熱の流行国=2014年8月24日現在

エボラ出血熱の流行国=2014年8月24日現在【拡大】

  • エボラ出血熱の感染状況=2014年8月13日現在、世界保健機関(WHO)による。※死者は感染例、疑い例に含まれる。
  • エボラ出血熱の経過=1976年~2014年8月8日、世界保健機関(WHO)発表
  • 8月8日、スイス・ジュネーブでエボラ出血熱感染について記者会見する世界保健機関(WHO)のマーガレット・チャン事務局長=2014年(ロイター)

 アフリカ中部、コンゴのフェリックス・カバンゲ保健相は8月24日、北西部の赤道州ボエンデで2人がエボラ出血熱で死亡、検出されたウイルスは西アフリカで猛威を振るうものとは別だったと発表した。世界保健機関(WHO)も24日、コンゴで70人以上がエボラで死亡していたと認めた。エボラ熱をめぐっては臨床試験前の未承認薬の投与で米国人医師ら2人が感染から回復するなど、大流行に歯止めがかかる可能性も見えてきていた。しかし、コンゴで新たに別のウイルスよる感染が確認されたことで、世界的大流行への懸念が強まっている。

 AP通信やフランス通信(AFP)などによると、カバンゲ保健相は24日、国営テレビで「謎の熱病で死亡した患者たちから採取した検体8件のうち、2件からエボラウイルスの陽性反応が出た」と説明。これまでにエボラ熱で医療従事者5人を含む13人が死亡し、11人が感染・隔離状態にあり、感染が疑われる約80人が当局の監視下に置かれていることを明らかにした。

 WHOは(8月)21日、ボエンデで出血性の胃腸炎が流行し、592人が感染、少なくとも70人が死亡したと説明していたが、「エボラ熱とは無関係」としていた。しかし、広報担当のグレゴリー・ハートル氏は24日、自身のツイッターで「研究所での検査で(エボラの)陽性反応が出た」と明かし、70人がエボラ熱で死亡したことを認めた。

治療に光明の直後

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ