サイトマップ RSS

【イスラム国事件】「交渉ルートなし」 揺れた日本政府 救出果たせず (3/4ページ)

2015.2.9 05:15

ヨルダンの首都アンマンの日本大使館前で行われた後藤健二さんと湯川遥菜(はるな)さんの産追悼集会で、ろうそくに火をともす人たち=2015年2月2日(ロイター)

ヨルダンの首都アンマンの日本大使館前で行われた後藤健二さんと湯川遥菜(はるな)さんの産追悼集会で、ろうそくに火をともす人たち=2015年2月2日(ロイター)【拡大】

  • ジャーナリスト、後藤健二さん_シリアでの足取り=2014年7月28日~10月25日
  • 人質をめぐる「イスラム国」との関係=2015年1月26日現在。※後藤健二さんの顔写真は、インターネットに公開された画像から
  • イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」空爆に参加した主な中東諸国=2015年2月5日現在
  • イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」の支配地=2015年2月2日現在

 日本人2人を拘束したイスラム国が身代金要求の口実とした中東訪問を控えた1月上旬の官邸。首相は外務省の上村司中東アフリカ局長と複数回にわたり、現地での各国首脳会談や演説内容について打ち合わせた。主な議題は中東支援策の中身だったとされる。

 この時点で官邸は、後藤さんが拘束されたとする外務省の報告を受けていた。後藤さんの行動に関し「どんなに使命感が高くても、真の勇気ではなく蛮勇と言わざるを得ない」(自民党の高村(こうむら)正彦副総裁)と受け止める空気が政府内に漂っていたのは間違いない。

 1月20日。政府内のムードが一変する。ナイフを手にした覆面男が後藤さんと湯川さんの2人をひざまずかせたビデオ映像。エジプトを訪問中の17日に首相がイスラム国対策として表明した支援と同額の2億ドルの身代金支払いを迫った。

 応答得られず

 日本側はヨルダンやトルコ、宗教指導者、部族長などあらゆるルートを通じ、日本人解放を模索した。後藤さんの妻から得た犯人側のメールアドレスを使い接触も試みたが、「全く応答はなかった」(関係者)。犯人側は一切、日本との直接交渉に応じなかった。

2月1日 後藤健二さん「殺害」映像が流れる

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ