サイトマップ RSS

「スナイパー」裁判に映画の影 実話モデル射殺 被告側「陪審心証に影響」 (3/3ページ)

2015.2.13 00:01

「米軍史上最強の狙撃手」といわれ、退役後に銃撃事件で死亡したクリス・カイルさん=2012年4月6日、米テキサス州ミドロジアン(AP)

「米軍史上最強の狙撃手」といわれ、退役後に銃撃事件で死亡したクリス・カイルさん=2012年4月6日、米テキサス州ミドロジアン(AP)【拡大】

  • 映画「アメリカン・スナイパー」でクリス・カイルさんを演じるブラッドリー・クーパーさん。あまりにも似ていると評判だ(AP)
  • 殺人罪に問われた元海兵隊員、エディ・レイ・ルース被告=2015年2月10日、米テキサス州スティーブンビル(ロイター)

 4倍の陪審員候補

 自伝に基づく映画が公開中という異例の事態に対し、弁護側は公判前から審理に影響が及ぶと主張。裁判所も通常の4倍の数の陪審員候補を召喚し、映画を見たり、自伝を読んだりしたかを尋ねるなどの配慮をしたという。

 それでも弁護側は納得せず、「国民の記憶が薄まるまで裁判を先延ばしにするべきだ」と求めている。

 1月16日に米国で公開された映画は、今年度の米アカデミー賞で作品賞など6部門にノミネート。興行収入はすでに2億8500万ドル(約340億円)に上り、戦争映画としては「プライベート・ライアン」(1998年)を抜き史上最高を記録した。主演のブラッドリー・クーパーさん(40)は役作りのため18キロも体重を増やしたといい、カイルさんとの酷似も話題になっており、陪審員の心証に影響が出るのは避けられない。

 映画をめぐっては、保守層がカイルさんを英雄視し絶賛する一方で、リベラル層は「戦争の美化」と批判し、世論は二分している。裁判は2週間行われる。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ