サイトマップ RSS

ベトナム 妊産婦・新生児支援 元気な赤ちゃん 笑顔が見たい (3/4ページ)

2015.4.13 15:20

子供の誕生を喜ぶ若いお父さんとお母さん=2014年12月19日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)

子供の誕生を喜ぶ若いお父さんとお母さん=2014年12月19日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)【拡大】

  • 事業を実施しているディエンビエン省は山岳地帯にある=2014年9月19日、ベトナム(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 助産師による啓発活動の様子=2014年9月16日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンが行う啓発活動に参加するお母さんと子供たち=2013年12月6日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 村落出産介助者の研修=2014年10月14日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • 妊産婦・新生児の健康改善事業の一環で建設した分娩室=2014年10月16日、ベトナム・ディエンビエン省(ワールド・ビジョン・ジャパン撮影)
  • ワールド・ビジョン・ジャパンの木戸梨紗さん(中央)=2014年10月14日(ワールド・ビジョン・ジャパン提供)
  • ベトナム・ディエンビエン省
  • ワールド・ビジョン・ジャパン(WVJ)__キリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGO。子供たちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っている。http://www.worldvision.jp/

 「啓発活動は私たちの使命だ」とあるとき語ってくれたコミューン(郡の下部行政区分)では、啓発活動に携わる人々が、研修で学んだスキルをさらに工夫し、前よりも自信を持って、参加者がより楽しみながら学ぶことのできる啓発活動を行っている。こうした姿勢や小さな変化は、私自身の励みとなるし、多くを学ばされる。

 「何がないか、何ができないか」だけでなく、既に自分たちが持っているもの、与えられているものの価値を再確認すること、その上で限られた資源と機会を最大限に活用し、自分たちの歩幅にあった発展を目指して教訓を一つ一つ丁寧に積みあげていくことが開発には重要なのだと思う。この事業では、それを地域住民と一緒に考え、お互いから学び合う機会にしたいと思う。

ワールド・ビジョン・ジャパンとは

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ