サイトマップ RSS

柑橘系果物、大量摂取は肌の大敵? 「皮膚がんリスク36%増」と米論文 (2/3ページ)

2015.7.1 11:04

オレンジを売る男性。これらの柑橘系果物に含まれる物質が紫外線への感受性を高め、皮膚がんのリスクを増大させるという=2016年4月30日、パラグアイ・首都アスンシオン(ロイター)

オレンジを売る男性。これらの柑橘系果物に含まれる物質が紫外線への感受性を高め、皮膚がんのリスクを増大させるという=2016年4月30日、パラグアイ・首都アスンシオン(ロイター)【拡大】

  • グレープフルーツ

 その結果、1週間に2回~4回、オレンジやグレープフルーツを食べたり、そのジュースを飲んだ人は、1週間に2回未満しか摂取しない人に比べて皮膚がんの発症リスクが10%増加。1日平均1・5回以上、取った人だと36%も上昇した。

 リスクが高まった人のほとんどはオレンジジュースを飲み、グレープフルーツの果実を食べた人だったが、逆にオレンジの果実を食べ、グレープフルーツジュースを飲んでいた人はリスクが見られなかった。

 同時に、他の果物や野菜、そのジュースの消費量と皮膚がんの発症リスクには関連性がなかったことも判明した。

 この研究結果について、研究者らは、柑橘系の果物などに含まれる光毒性物質で、人の皮膚の紫外線に対する感受性を高め、皮膚を傷付けやすくする「フロクマリン」や「ソラレン」が原因だと説明している。ソラレンは米国では1996年まで、日焼けローションの主要成分として使われていた。

 さらに、米国人はもともとオレンジジュースの摂取量が多いうえ、グレープフルーツの場合、ジュースにした場合より、果実のまま食べた方が、これらの光毒性物質を多く摂取してしまうことが今回の結果につながったと分析している。

グレープフルーツやオレンジジュースを大量摂取する人は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ