サイトマップ RSS

【将棋】羽生四冠 通算1321勝で2位

2015.8.20 08:30

将棋棋士、羽生善治(はぶ・よしはる)四冠=2014年10月21日、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)

将棋棋士、羽生善治(はぶ・よしはる)四冠=2014年10月21日、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)【拡大】

 将棋の第56期王位戦七番勝負の第4局が18、19の両日、福岡市の「ホテル日航福岡」で行われ、83手で先手の羽生善治(はぶ・よしはる)王位(44)=棋聖・名人・王座、写真=が挑戦者の広瀬章人(あきひと)八段(28)に勝ち、対戦成績を3勝1敗とした。

 これで羽生四冠の通算勝利数は1321勝(510敗・2持将棋)となり、同数で並んでいた加藤一二三(ひふみ)・九段を抜いて歴代単独2位に躍り出た。歴代1位は大山康晴(やすはる)十五世名人の1433勝。

 1985年に史上3人目の中学生棋士としてプロデビューした羽生四冠は、96年に史上初の7冠を達成した。

 通算タイトル数は歴代最多の92期を獲得している。

 羽生四冠は「(単独2位となり)目標にしていたわけではなかったが、そうなってよかったと思う。(1位の1433勝は)途方もない記録だが、それを目指して頑張っていきたい」と語った。(SANKEI EXPRESS

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ