サイトマップ RSS

【野口裕之の軍事情勢】アンポ法案は「とりま廃案」 中国を利するアンポ反対デモごっこ (3/5ページ)

2015.9.7 06:00

国会前で行われた安全保障関連法案に反対するデモ。国家権力が「安全」を「保障」してくれる、お気楽な「半官半民デモ」は、「お花畑」のようにも見えた=2015年8月30日、東京都千代田区(早坂洋祐撮影)

国会前で行われた安全保障関連法案に反対するデモ。国家権力が「安全」を「保障」してくれる、お気楽な「半官半民デモ」は、「お花畑」のようにも見えた=2015年8月30日、東京都千代田区(早坂洋祐撮影)【拡大】

 珍妙な「日本市民」たち

 香港の場合、参加者たちは中国共産党の残忍性を熟知しつつ命懸けで反抗した。自由と民主主義が完全に守られているわが国で、安倍政権より「自由と民主主義を守れ!」と連呼する珍妙な「日本市民」にはこの際、新たな活躍の場を紹介したい。中国。

 何しろ、少数民族大虐殺や反体制派粛清などツッコミどころ満載。「自由と民主主義を守る」崇高な使命を存分に発揮してほしい。デモ隊の収容能力も完璧だ。天安門広場などは、立ちふさがる民主派人民を、戦車が轢き殺したり迂回したりできるほど広い。「安倍辞めろッ。バカかお前は」など、罵詈雑言の北京バージョンをぜひ聴いてみたい。「習(近平・中国国家主席)辞めろッ。バカかお前は」などと、お下劣な言葉を叫ぶと日本人の品位が疑われるが、全く心配ナシ。叫ぶ前に、どこかに連れて行かれること必定です。連行に当たり「中国憲法第35条は言論・集会・行進の自由を明記する」と抵抗しても、大気汚染に因る“昼の夜空”に虚しく響くだけ。

左翼の修正第2弾に期待

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ