サイトマップ RSS

あなたの好奇心はどこにでも接続しうる 幅允孝  (2/5ページ)

2016.2.7 10:30

おいしい珈琲とともに車を巡る本を楽しめる「CARS&BOOKS」。棚には「隠れ車本」も並ぶ=2016年1月4日(提供写真)

おいしい珈琲とともに車を巡る本を楽しめる「CARS&BOOKS」。棚には「隠れ車本」も並ぶ=2016年1月4日(提供写真)【拡大】

  • おいしい珈琲とともに車を巡る本を楽しめる「CARS&BOOKS」。棚には「隠れ車本」も並ぶ=2016年1月4日(提供写真)
  • コト・ボロフォ「VROOM!_VROOM!」(Steidl、65ドル、提供写真)
  • コト・ボロフォ「ROLLS-ROYCE_MOTOR_CARS」(Steidl、16.75ドル、提供写真)
  • コト・ボロフォ「La_Maison」(Steidl、473ドル、提供写真)
  • 「ちびまる子ちゃん_わたしの好きな歌」(さくらももこ著/集英社、390円+税、提供写真)
  • 【本の話をしよう】ブックディレクター、幅允孝(はば・よしたか)さん(山下亮一さん撮影、提供写真)
  • メルセデスベンツ_300SLクーペ(幅允孝さん撮影)
  • ダットサン_フェアレディSP310型(幅允孝さん撮影)
  • ロールスロイス_40/50HP_シルバーゴースト(幅允孝さん撮影)
  • フォード_モデルT(幅允孝さん撮影)

 趣味全開のボロフォ

 本館で数々の名車に酔い、新館の文化展示で人と車の関係にふむふむと頷いたあと、最後にたどり着くのがこの「CARS&BOOKS」だ。観覧後の余韻をじっくり味わってもらうため、コーヒーなどにも結構こだわっていて、岐阜県美濃加茂市のコクウ珈琲の自家焙煎豆を使っていたりする(美味!)。カフェスペースの壁面には50冊ほど本が置かれ自由に読めるのだが、その本棚の一部がこのページの写真である。モノクロで写るクラシックカーの写真集の傍には『ちびまる子ちゃん』も置いてある。(なぜ、まる子ちゃん!?と思った方、ちゃんとあとから説明しますからね。)

 本棚に陳列された『VROOM! VROOM!』(1)も『ROLLS-ROYCE MOTOR CARS』(2)も、南アフリカ出身の写真家、コト・ボロフォによって撮影された写真集。1990年代に「THE FACE」や「i-D」においてファッション・フォトグラファーとして歩みを始めた彼は、独特の構図と陰影で一躍人気写真家の仲間入りを果たす。その後順調にキャリアを重ねるのだが、2011年に発表した『La Maison』(3)という写真集でターニングポイントを迎えることに。重厚なオレンジ色の箱に入った11冊組の『La Maison』は、ボックスカラーの示す通り、メゾン・エルメスの工房を撮ったもの。

カーフォトグラフィーの新しい地平

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。

ページ先頭へ