【試乗インプレ】新型プリウス、東京-横浜間のガソリン代が電車賃より安かったという衝撃(後編) (2/5ページ)

  • この“艶めかしい”カーブが新型プリウスの特徴の一つ
  • プリウスのセンターコンソール
  • インパネシフトレバーや走行モード選択ボタン
  • 3本スポークのステアリングホイール
  • パワーボタン、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、横滑り防止機能などのスイッチ類
  • スイッチ類は非常に質感が高かった
  • ブルーのシフトレバーとホワイトの加飾がオシャレ
  • プリウスおなじみ。リヤウインドーの下にエクストラウインドーを設けているため、窓ガラスを分割したように見える
  • 後席も快適だ
  • ETC車載器
  • ドアトリムのスピーカー
  • センターコンソール
  • 後方からの車両の接近をドアミラーのインジケーターで知らせるブラインドスポットモニター(BSM)
  • センターメーターには様々な情報が表示される
  • 質感の高い内装
  • アームレストを上げるとこんな感じ
  • トランク下の修理キット
  • AC100Vのコンセント
  • ユニークなヘッドランプ
  • プリウスのリヤビュー
  • 三段脚立が縦に入る広さ
  • ルーフは運転席を頂点に、後端に向かってなだらかに落ちるハッチバックスタイル
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫前を走るプリウス
  • プリウス
  • 横浜市を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜市内を走るプリウス
  • シャークフィンアンテナ
  • プリウス
  • プリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 1.8リットルエンジンを搭載
  • この角度から見ると何だかニヤケてる?


 地面が近い!

 居住性はフロントシートとリヤシートで評価が分かれるだろう。車体をサイドから見ると一目瞭然なのだが、ずんぐりとした先代とは違い、新型プリウスは前席を頂点にルーフが後端に向けて鋭角に落ちる“スリム三角形ボディ”のため、後席のヘッドクリアランスにはそれほど余裕がない。逆にレッグスペースはゆとりがある。横幅は後席2人乗車でアームレストを下ろしても広々。3人乗車(=前後で5人)でもお互いに「暑苦しい!」となることはなさそうだ。ただし、後席真ん中の座り心地は両サイドと比較して劣るのは言うまでもない。フル乗車の場合はジャンケンで負けた人に座ってもらうしかない。

 ラゲッジルームの容量は2WDモデルで502リットル。後席肩口のレバーを引けば簡単にシートを倒すこともできる。6:4分割可倒式なので使い勝手は良いだろう。ゴルフバッグなどの大きな荷物でも、大抵のモノは問題なく積める。

 TNGA技術を用いた新プラットフォームの特性上、シートポジションはけっこう低い。降車するときはまるでスポーツクーペから降りるように、地面が近く感じる。動作として「イスから降りる」というよりは、「座椅子から立ち上がる」といった感じ。まあ、あくまで極端なたとえ方なので、足腰に負担がかかるような煩わしさは一切ないはず。ヒップポイントが低くなったことで、「年配の人はむしろ乗り降りが楽になったんじゃないか」といった意見も聞かれた。

 運転中にUFOキャッチャーを楽しむ!?

 インパネシフトは好みが分かれそう。細いレバーを親指、人差し指、中指の3本でつまむ感覚が、まるでUFOキャッチャーの操作レバーのよう。操作性についてもエンゲージした時の節度感が緩いので、「いまのでちゃんとシフト選択ができたのかな?」と不安になってしまう。自分はガッツリと「握りたい派」だ。

 先進安全機能は充実している。衝突回避システム、車線逸脱警告、レーダークルーズコントロールなど、あると嬉しいセーフティー機能がしっかりと備わっている。完全に機械に頼るのは危険だが、こうしたプラスアルファがあるだけでも安心感が違う。

日本で一番選ばれるクルマ…なぜプリウスは売れるのだろうか?