【試乗インプレ】新型プリウス、東京-横浜間のガソリン代が電車賃より安かったという衝撃(後編) (5/5ページ)

  • この“艶めかしい”カーブが新型プリウスの特徴の一つ
  • プリウスのセンターコンソール
  • インパネシフトレバーや走行モード選択ボタン
  • 3本スポークのステアリングホイール
  • パワーボタン、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、横滑り防止機能などのスイッチ類
  • スイッチ類は非常に質感が高かった
  • ブルーのシフトレバーとホワイトの加飾がオシャレ
  • プリウスおなじみ。リヤウインドーの下にエクストラウインドーを設けているため、窓ガラスを分割したように見える
  • 後席も快適だ
  • ETC車載器
  • ドアトリムのスピーカー
  • センターコンソール
  • 後方からの車両の接近をドアミラーのインジケーターで知らせるブラインドスポットモニター(BSM)
  • センターメーターには様々な情報が表示される
  • 質感の高い内装
  • アームレストを上げるとこんな感じ
  • トランク下の修理キット
  • AC100Vのコンセント
  • ユニークなヘッドランプ
  • プリウスのリヤビュー
  • 三段脚立が縦に入る広さ
  • ルーフは運転席を頂点に、後端に向かってなだらかに落ちるハッチバックスタイル
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫前を走るプリウス
  • プリウス
  • 横浜市を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜市内を走るプリウス
  • シャークフィンアンテナ
  • プリウス
  • プリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 横浜赤レンガ倉庫の前を走るプリウス
  • 1.8リットルエンジンを搭載
  • この角度から見ると何だかニヤケてる?


 逆に筆者は個性が強いスポーツカーやSUVといったスペシャリティーカーが好み。プリウスは「クルマを操る楽しさ」において、何か突出した面白味はないかもしれない。ただ、「人を目的地まで安全に運ぶ」といったクルマ本来の使用目的を非常に高いレベルで実現しているからこそ、長年にわたって日本で一番選ばれ続けているのではないだろうか。おそらくリピーターが多いことも推測できる。プリウスを購入したユーザーの信頼を勝ち取り、「次もプリウスを」と意識させるサイクルを確立しているのだろう。

 優等生が新型になってエロくなりました

 そうそう、新型プリウスはどこがエロいのかって? 福山雅治さんはCMインタビューで「ギャップ」からエロさを感じたと語っている。「曲線とシャープさが融合したデザインが、これまでの草食系のイメージと違って官能的だった」と。実は筆者もツンと上を向いたリヤのラインと、艶めかしいカーブを描く後端サイドの曲線に魅力を感じた。いつの間にかトヨタさんも“エロい大衆車”を造る時代になったんだなぁ。(産経ニュース/SankeiBiz共同取材)

※次回の試乗インプレは、こちらもエコカーとして注目を集める新世代ディーゼルエンジンを取り上げる予定です。お楽しみに。

主なスペック(試乗車)

全長×全幅×全高:4540×1760×1470ミリ

ホイールベース:2700ミリ

車両総重量:1665キロ

エンジン:水冷直列4気筒DOHC

総排気量:1.797リットル

最高出力:72kW(98ps)/5200rpm

最大トルク:142Nm(14.5kgfm)/3600rpm

タイヤサイズ:215/45R17

フロントモーター:最高出力53kW(72ps)、最大トルク163Nm(16.6kgfm)

リヤモーター:最高出力5.3kW(7.2ps)、最大トルク55Nm(5.6kgfm)

トランスミッション:電気式無段変速機

車両本体価格:319万9745円(税込)/2WD