【試乗インプレ】乗り方を間違えちゃダメ ゆったり優雅に楽しむベンツ「Cクラスクーペ」(後編) (3/5ページ)

2016.9.17 17:13

  • デザイン、質感ともに完璧。エレガントな雰囲気が漂う内装
  • ハンドルはスポーティーなフラットボトムを使用
  • エンジンのスタート/ストップボタン、ヘッドランプのセレクトダイヤル、運転補助機能のスイッチ類はハンドルの右に配置
  • ハンドル下部を平らに仕上げた、フラットボトムのスポーティーなステアリング
  • 3本レバーは上から「ウインカー/ワイパー」「チルト&テレスコピック操作レバー」「クルーズコントロール」
  • 助手席の電動シート調節レバーや、シートヒーターのスイッチ
  • サッシュレスドアを採用したCクラスクーペ。インテリアは高級感たっぷりだ
  • 後席も豪華だが、居住性は高くない
  • デザイン、質感ともに完璧。エレガントな雰囲気が漂う内装
  • 天井に取り付けられた、車内灯やパノラミックルーフの操作スイッチ
  • これがコマンドコントローラー。ダイヤルとタッチパッドを組み合わせている
  • スポーツマインドをかき立てる2眼メーター
  • AMGラインのスポーツステアリングと2眼メーター
  • ラバースタッド付のステンレスペダル
  • 豪華なデザイン、もちろん質感も高いインテリア
  • 車両後方を映し出すリヤビューカメラ。実はトランクリッドのエンブレムの中に格納されています
  • バックカメラで車両後方を映し出す(iPhoneで撮影)
  • ドライブモードで「スポーツ+」を選択(iPhoneで撮影)
  • 暗がりに浮かび上がるシルプレートの「メルセデス・ベンツ」の文字(iPhoneで撮影)
  • ルームミラーでの後方視界はこんな感じ(iPhoneで撮影)
  • 開放的なサンルーフ(iPhoneで撮影)
  • エントリーキー(iPhoneで撮影)
  • 車両の斜め後ろから車両が接近していることを知らせるアクティブブラインドスポットアシスト(こういう名称って長い…)
  • ボンネットのベンツのエンブレム
  • 高級車では当たり前となったヘッドアップディスプレイ
  • 容量400リットルとかなり大きなトランクルーム。3段脚立を縦に入れる余裕がある
  • 容量400リットルとかなり大きなトランクルーム。3段脚立を縦に入れる余裕がある
  • 箱根神社の近くを駆け抜けるメルセデス・ベンツのCクラスクーペ
  • 箱根の芦ノ湖周辺を走るメルセデス・ベンツのCクラスクーペ
  • 箱根の芦ノ湖周辺を走るメルセデス・ベンツのCクラスクーペ
  • メルセデス・ベンツのCクラスクーペ(iPhoneで撮影)
  • 箱根を走るメルセデス・ベンツのCクラスクーペ
  • 箱根を走るメルセデス・ベンツのCクラスクーペ。リヤのデザインがカッコいい!
  • メルセデス・ベンツのCクラスクーペ。スポーティーなラインが実にきれい
  • シンプル&エレガント
  • 箱根で突然の霧に包まれたCクラスクーペ
  • 1.6L直4ターボエンジンを搭載
  • 1.6L直4ターボエンジンを搭載
  • 箱根園を走るメルセデス・ベンツのCクラスクーペ
  • 箱根園を走るメルセデス・ベンツのCクラスクーペ
  • 箱根園を走るメルセデス・ベンツのCクラスクーペ
  • 箱根を走るメルセデス・ベンツのCクラスクーペ
  • ウインカーを点滅させる
  • マフラーとリヤスカート
  • リヤから眺めるCクラスクーペ


 基本的には2+2シーター

 試乗車はパノラミックスライディングルーフを装備しているため、シェードを開けると一気に光が差し込んでくる。「天井全体が開くのでは?」と思うほど大きなガラスは開放感たっぷり。大自然の中でキレイな空気を取り込めば、いつものドライブがさらに楽しくなるだろう。

 運転席のレッグスペースは、センターコンソールの張り出しが左足にぶつかり狭いと感じた。欧州仕様の左ハンドルを日本市場向けに右側へ移し替えたFR車だからだろう。

 後席は前席よりもルーフ(室内高)が12センチほど低いため、身長172センチの筆者でも頭がつかえそうで窮屈に感じた。やはり後席はカウントしないか、子供用もしくは緊急時の“補助席”程度に考えるのが無難だろう。クーペとはそういうクルマ。細かい実用性は無視するべきだ。

 ただし、トランクルームは400リットルの容量を確保しており意外と広い。これならゴルフバッグも余裕で入る。分割比4:2:4の後席のアームレストを倒せば、トランクスルーにもなる。わりと長い荷物の縦置きも可能だ。

 トップクラスの安全装備

 このクルマの内外装にはフロントスポイラー、リヤスカート、ステンレス製のアクセル&ブレーキペダルなどベンツの「AMGライン」の装飾を採用している。Cクラスクーペの洗練された優雅なデザインに、AMGのスポーティーで力強いイメージを巧みに融合させて迫力に磨きをかけている。

1.6Lターボエンジンの燃費は?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。