【試乗インプレ】キビキビ、そしてしっとり… ミニ クーパーS クラブマン(前編) (1/5ページ)

2016.5.29 17:11

  • 穏やかなドライブ日和。晴天の奥多摩湖で。ミニクーパーSクラブマン
  • ボンネットを開けても丸いヘッドライトがミニらしさを主張。ミニクーパーSクラブマン
  • 後ろにも“顔”。マフラーは左右2本出し。ミニクーパーSクラブマン
  • 2リッター4気筒ターボエンジンは、少し持て余すほどパワフル。サウンドもBMW仕込みで気分が上がる。ミニクーパーSクラブマン
  • ミニクーパーSクラブマン
  • ミニクーパーSクラブマン
  • ボンネットにも“顔”がありました。ミニクーパーSクラブマン
  • 珍しいので表からも。ミニクーパーSクラブマン
  • ヘッドライトの裏側はこんな感じ。ミニクーパーSクラブマン
  • 「大きくなりすぎて、もはやミニではない」との声もあるが、この“童顔”ぶりはやはりミニならでは。ミニクーパーSクラブマン
  • ミニクーパーSクラブマン
  • 真横から見ると、前後にストレッチされたボディの長さがよく分かる。後席ドアも十分に大きい。ミニクーパーSクラブマン
  • 最大の特徴である観音開きのバックドア。ミニクーパーSクラブマン
  • 225/40R18と低扁平率のタイヤは前後共通。黒メタリックのホイール、黒い樹脂製のホイールアーチと相まって、実際のサイズ以上に大きなタイヤを履いているように見える。ミニクーパーSクラブマン
  • 穏やかなドライブ日和。晴天の奥多摩湖で。ミニクーパーSクラブマン


 言わずと知れたBMWミニ。すっかり大きくなって、「もうミニじゃない」と陰口を叩かれつつも順調にモデルチェンジを重ね、ベースモデルは現行で3代目を数える。4ドアモデルからコンパーチブル、コンパクトSUVの「クロスオーバー」まで、派生車種も続々登場し、ミニに乗りたいけど、2ドアの前輪駆動だけでは…と購入を躊躇していた潜在購買層を貪欲に飲み込み続けている。今回はそれら派生車種の中から、ホイールベースを延長し4ドア仕立てで快適な後席スペースと広い荷室を確保したクラブマンに試乗した。(産経ニュース/SankeiBiz共同取材)

 ついついアクセルを踏み込ませるゴキゲンサウンド

 いつもの通り渋滞路を含む市街地、高速道路、山坂道の3パターンで試走。山坂道は、東京・青梅から奥多摩湖を経由し山梨に至る国道411号線を走ってきた。

 試乗車はクーパーSという中堅のスポーティーグレードで、ターボ付きの2リッター4気筒エンジンを搭載。結論から言うと、カタログ数値どおりパワフルかつトルクフルでクーパーSの名に恥じない心臓である。発進、加速、巡行のいずれの場面でも全く不足を感じない。むしろ普通に走る分には下位グレードに搭載されている1.5リッターの3気筒で十分では…とすら思えた。

意のままに旋回していく爽快感

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。