【試乗インプレ】速くてよく曲がる、そして酔わない? GVCで進化したマツダ・アクセラ(前編) (3/5ページ)

2016.11.6 13:10

  • 横須賀市を走るマツダの「アクセラ セダン」。カラーはマシーングレー プレミアムメタリック
  • 横須賀市を走るマツダの「アクセラ セダン」。カラーはマシーングレー プレミアムメタリック
  • 横須賀市を走るマツダの「アクセラ セダン」。カラーはマシーングレー プレミアムメタリック
  • 横須賀市を走るマツダの「アクセラ セダン」。カラーはマシーングレー プレミアムメタリック
  • 住宅街を走るマツダ「アクセラ」
  • 住宅街を走るアクセラ
  • 住宅街を走るマツダ「アクセラ」
  • 住宅街を走るマツダ「アクセラ」
  • 住宅街を走るマツダ「アクセラ」
  • 住宅街を走るマツダ「アクセラ」
  • マツダ「アクセラ セダン」のサイドビュー。遠くに湘南の海を望む
  • 葉山マリーナで海の乗り物に囲まれる「アクセラ」。ここには写っていないが周囲には数千万円~数億円クラスの高級クルーザーが所狭しと並んでいた
  • 葉山マリーナで海の乗り物に囲まれる「アクセラ」。ここには写っていないが周囲には数千万円~数億円クラスの高級クルーザーが所狭しと並んでいた
  • マツダの「アクセラ セダン」。カラーはマシーングレープレミアムメタリック。横須賀市の立石海岸で撮影
  • マツダの「アクセラ セダン」。カラーはマシーングレープレミアムメタリック。横須賀市の立石海岸で撮影
  • マツダの「アクセラ セダン」。カラーはマシーングレープレミアムメタリック。横須賀市の立石海岸で撮影
  • 照射範囲をコントロールする「アダプティブLEDヘッドライト」を採用
  • 照射範囲をコントロールする「アダプティブLEDヘッドライト」を採用
  • 照射範囲をコントロールする「アダプティブLEDヘッドライト」を採用
  • マツダの「魂動デザイン」を象徴するシンボルの一つ、「5ポイントグリル」。5つの点を結んで五角形を形成している
  • マツダの「アクセラ セダン」。カラーはマシーングレープレミアムメタリック。横須賀市の立石海岸で撮影
  • マツダの「アクセラ セダン」。カラーはマシーングレープレミアムメタリック。横須賀市の立石海岸で撮影
  • パワーたっぷりの2.2リッターのディーゼルターボエンジン
  • 3段脚立が余裕で入るトランクルーム。奥行きも実用レベルだ
  • 内装はシックで落ち着いた雰囲気。上級グレードはホワイトレザーシートも選べる
  • 1眼メーターを採用したインパネ。燃費情報などのレイアウトは分かりやすくて見やすい
  • 落ち着いた雰囲気の運転席
  • 運転に必要な情報を表示するアクティブ・ドライビング・ディスプレイ。速度やナビの進路、交通標識を読み取った情報など確認できる
  • ステッチ入りのファブリック素材のシート。体を包み込むような形状でホールド性が高い。座り心地は硬め
  • アクセラはコンパクトセダンではなくミドルセダン。居住性は見た目以上に高い。レッグスペースやヘッドクリアランスには、身長172センチの筆者でも余裕があった


 ディーゼル車に乗るのは6月に試乗したボルボの「V60」以来。エンジンを始動するとディーゼル特有の「カラカラ」音が耳につくが、一度慣れてしまえば全く気にならないレベルだ。車両を横浜で借りたこともあり、逗子方面を目指してクルマを発進させた。

 いよいよ試乗 走行性能は?

 初めのひと踏みでさっそくトルクに強さを感じる。横浜市内を軽く走ってみたが、2000回転でピークトルク(420Nm=42.8kgf・m)に達するパワーユニットは滑らかで扱いやすく、加減速を繰り返してもストレスを感じる場面はまったくない。今回の改良でエンジンのノック音を低減させる「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を搭載したことで、走行中の不快な音も抑えている。ただ、硬めのステアリングホイールは正直あまり手になじむ感じがしない。このクルマは、ブレーキを踏むとアイドリングをストップするi-stop機構を搭載。アクセルを軽く踏めば瞬時に再始動する。指先で簡単に操作できる電動パーキングブレーキを備えているのもうれしいポイントだ。

 市街地を機敏に駆け抜け、首都高狩場線を経由して横浜横須賀道路(通称・横横)に合流する。アクセルペダルに力を入れると車体がバビューンと猛加速。「これは速い!」。最高出力129kW(175PS)/4500rpmを発揮するエンジンが瞬時に5000回転まで吹け上がり、息切れすることなくグングンと伸びる。さすが1.4トンの軽量ボディに2.2リッターディーゼルターボを積んでいるだけのことはある。昨年、1.5リッターディーゼルを搭載するCX-3をサーキットで走らせる機会があったが、(当たり前だが)トップエンドにかけての伸びなど、エンジンそのものの本質がまったく違う。パワーに満ちた2.2リッターは高速度域でも動力性能にたっぷりと余裕を感じるのだ。

マツダさん、ココはぜひ改善を!

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。