手段選ばぬ中国、「森林破壊」世界に輸出 後を絶たぬ木材不法取引 (2/4ページ)

2012.12.7 05:00

 国連環境計画(UNEP)と国際刑事警察機構(INTERPOL)の2010年の調査によると、毎年、1億立方メートル分の木材が不法伐採され、熱帯地域の国々の木材のうち50~90%が不法取引され、その取引額は300億ドル(約2兆4700億円)から1000億ドルに上るという。

 しかし、世界各国が木材の不法取引の禁止に取り組むなかで、中国の取り組みは遅い。とくに問題となっているのがミャンマーだ。

 EIAリポートによると、かつてミャンマーは国土の48%が森だったが、今や24%にまで半減し、ミャンマーはいまや世界でもっとも森林消滅が進む国の一つだとして、危機感を示した。最大の原因は中国との取引だ。

 中国によるミャンマーからの木材の輸入量は、1990年代後半から急増し、97年に約30万立方メートルだったが、05年の160万立方メートルと5倍以上になった。

 その大半が不法伐採と不法取引だったことから、06年にミャンマー・中国両国は木材の取引については、すべてヤンゴンから船で運ぶことで合意。その後、不法木材取引は、一時的に下火となっていた。

ミャンマーの次はアフリカ狙う

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。