新興国へ技術供与し温暖化防止 「2国間クレジット」8カ国と合意 (1/3ページ)

2013.9.30 06:00

新日鉄住金グループとインド・タタ製鉄などが共同で設置した「コークス乾式消火設備」=インド・ジャルカンド州(新日鉄住金提供)

新日鉄住金グループとインド・タタ製鉄などが共同で設置した「コークス乾式消火設備」=インド・ジャルカンド州(新日鉄住金提供)【拡大】

 日本が誇る環境技術を新興国や途上国に供与し、地球温暖化につながる温室効果ガスの排出を削減する取り組みが進んでいる。普及の切り札として期待されているのが「2国間クレジット制度」だ。

 日本が供与した環境技術に基づく新興・途上国の温室効果ガス削減量を日本の削減分とみなすもので、今年に入りモンゴルなど8カ国と導入することで合意した。経済成長を続ける新興国では、温室効果ガスの排出量増大が懸念されており、日本の環境技術で温暖化防止に貢献する考えだ。

 政府は8月末にインドネシアと2国間クレジットの導入について合意、2国間文書に署名した。導入で合意に達したのはモンゴル、バングラデシュ、エチオピア、ケニア、モルディブ、ベトナム、ラオスに続く8カ国目で、今後は制度を適用する事業の選定などを進める。

 2国間クレジットは日本が独自に提唱する制度だ。温室効果ガスの排出枠確保や日本の優れた環境技術・製品を世界に普及させるという経済的な側面に加え、温暖化防止に一役買って国際貢献につなげる狙いがある。

企業側も同制度の本格的な導入をにらんで動く

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!