羽田・成田の発着枠拡大、日本巻き返し期待 騒音面など課題も (1/2ページ)

2014.6.7 07:00

アジア主要空港の国際線旅客機

アジア主要空港の国際線旅客機【拡大】

 国土交通省の有識者会議が羽田、成田両空港の発着枠拡大に向けた方策を6日示した。実現すれば、アジアのハブ(拠点)空港をめぐる韓国・仁川などとの国際競争での日本の巻き返しにつながると期待される。ただ、騒音面で周辺住民の理解を得るなどの課題も抱えている。

 アジアでは経済成長を背景に航空需要が増大し、主要空港の間で競争が激化。国際線の旅客数は、東日本大震災が発生した2011年に羽田、成田は仁川やタイ・バンコクに逆転され、香港、シンガポール・チャンギを含むアジアの5空港の中で最下位に転落した。

 また、07~12年の国際線旅客数の平均増加率は他の4空港が4~7%なのに対し、羽田と成田の平均増加率は1%弱にとどまる。

 羽田、成田を合計した年間発着枠は現在71万7000回。だが14年度中には74万7000回に拡大、アジアでトップクラスとなる。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。