国産米、優良品でも遅れるブランド構築 消費者志向高級化、人気は海外産 (1/3ページ)

2015.4.21 05:00

山西省太原市のスーパーに並ぶコメ袋。中国の国産米は業者の意識の薄さなどからブランド化が遅れており、ゆとりのある層には日本米やタイ米が人気となっている(中国新聞社)

山西省太原市のスーパーに並ぶコメ袋。中国の国産米は業者の意識の薄さなどからブランド化が遅れており、ゆとりのある層には日本米やタイ米が人気となっている(中国新聞社)【拡大】

 中国では、中国人旅行者が日本で高価なコメを購入しているニュースが話題になっている。

 中国政府は2007年7月、それまで4年間禁止していた日本産のコメ輸入を復活させた。価格は1キロ当たり約90元(約1726円)と中国産の20倍、タイ産の10倍以上だったが、販売は好調で、北京では品切れとなった。

 8年後の現在も、日本産はタイ産と並び「良質米」「高級米」といわれている。

 全国農業協同組合連合会(JA全農)によると、14年の日本の対中コメ輸出量は160トンで、前年の2倍超だったという。

 穀物取引情報サイト、中華糧網の孫忠アナリストは「コメ市場の消費が細分化し、消費者の生活が安定したため、より高級な主食が求められるようになった」と分析している。

 ◆本物は入手困難

 一方で、国内のコメ産業は停滞している。

 北京市内の複数の大型スーパーマーケットでは、販売されているコメの多くが国産の量り売りだ。包装の産地表示は「東北米」「安徽米」など漠然としており、ランク表示は「優質米」「中国米」などと曖昧だ。ブランドのうち、シンガポールのウィルマー・インターナショナルが展開する「金竜魚」や中糧集団(COFCO)傘下の中糧食品営銷が展開する「福臨門」は知名度が高いが、いずれもミドル・ローエンド商品だ。

 業界関係者は「高級米といえば中国人は真っ先に日本米かタイ米を連想する。一方で(黒竜江省五常市産の)五常稲花香のような良質米は本物を手に入れるのが困難だ」とため息をつく。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。