コンテンツ重視の傾向は食も同じ ヨーロッパ人を唸らす美味さ (2/3ページ)

2015.7.19 06:00

 最初は昆布だけ。それから鶏肉などを加えてバリエーションを出していくが、イタリア市場でふつうに入手できる材料だけを使う。例えば醤油はスーパーの棚にあるキッコーマンである。

 日本においても日々使える食材にはそれぞれの変化があり、お客さんの好みや体調を考慮しないといけない。「俺の味はこれ!」と一つの味に固定するのはそもそも現実にありえない、との認識が前提にある。しかも海外に出れば条件はさらに多様性に富むわけだ。

 徳岡氏のワークショップをローカリゼーションのポイントからみると、鰹節を使えないという法律上の制約に従うのが出発点にある。「ヨーロッパの人に鰹節の味は分かるまい」ではないのだ。

 これまで「日本の本物の味をヨーロッパの人に伝えたい」という試みは数多くなされてきた。日本とまったく同じ味を再現するために、日本から高価な食材を輸入してきた。いや、日本で高価でなくても飛行機で運んでくればコストは高くなる。

 当たり前だが、そんなバカ高い「本物」にお客さんはなかなかついてこない。それだけでなく、日本の同じ魚を同じ鮮度で入手するのは物理的に不可能だ。こういう事情に老舗の高級日本料理の人たちも気づきはじめ、伝統であるとか「本物」とは何なのかを真剣に考えている。

 実に象徴的な転換であり、ローカリゼーションが引き起こすイノベーションの契機である。

最近、「結局はコンテンツだ」という人が増えている。その前は…

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。