第2次補正予算案を閣議決定 一般会計3.3兆円、歳出3年ぶりに100兆円突破 建設国債を追加発行

臨時閣議に臨む(左から)石原伸晃経済再生担当相、安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相=24日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)
臨時閣議に臨む(左から)石原伸晃経済再生担当相、安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相=24日午後、首相官邸(斎藤良雄撮影)【拡大】

 政府は24日、臨時閣議を開き、一般会計総額3兆2869億円の平成28年度第2次補正予算案を決定した。事業費28兆1千億円の経済対策を裏付ける最初の予算案で、不足する財源を建設国債2兆7500億円の追加発行で補い、国債発行総額は4年ぶりに増加する。当初予算から合算した歳出総額は100兆87億円と3年ぶりに100兆円を突破する。9月に召集する臨時国会での成立を目指す。

 一般会計の追加歳出は4兆1143億円。経済対策としての歳出は、東日本大震災復興特別会計などを含めると4兆5221億円になる。一般会計のうち安倍晋三政権が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向けては、低所得者への1万5千円の現金給付などに7119億円を投じる。

 訪日外国人客が利用する大型クルーズ船に対応した港湾などインフラの整備に1兆4056億円、英国の欧州連合(EU)離脱リスクへの対応などに4307億円を盛った。熊本地震や東日本大震災からの復興や防災対策に1兆4389億円を充当する。

 このほか、リニア中央新幹線全線開業の前倒しなどに向け、国が調達した資金を民間に貸し出す財政投融資を3兆6022億円上積みする。