【新春に語る】中小のIT化加速 潜在成長率高める (1/3ページ)

2017.1.1 05:00


【拡大】

 □日本商工会議所・三村明夫会頭

 --昨年は英国の欧州連合(EU)離脱決定など、大きな出来事があった

 「想像を絶するような政治的なサプライズが発生し、社会が不安定な動きとなった。しかし、冷静に振り返ってみれば、政治的混乱が大きかった欧州各国も1%台半ばの経済成長をしているし、米国は昨年12月の利上げ実施に象徴されるように、経済に対する確信を持っている。それもトランプ次期大統領への期待で起きている株高などの『トランプ現象』とは別のものだ。また、最近は中国経済に対する懸念も議論されなくなっている。不安はあるものの、かつての10%を超える成長率から6%超のペースへ軟着陸を果たしそうな状況だ。東南アジアでも大量の中間層が誕生し、消費の拡大や日本への観光などのインバウンド需要を生むことになるだろう」

 --日本経済も大きく動いた

 「株価や為替は大きな変動があっても、ほぼ1年前と同水準になっている。各国の金融緩和による世界的な金余りの中で、さまざまな事象が起きるたびに、リスク回避として安全資産といわれる円を買う動きが活発になって、大きな振幅をみせてきたからだ。金融市場の大きな変化に目をとらわれがちだが、1年たって元の水準に戻ったのは、しっかりした経済のファンダメンタルズがあったためだ。このことも認識しておかなくてはならない」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。