イエレンFRB議長、3月利上げも排除せず トランプ大統領の減税やインフラ投資を牽制

2017.2.15 01:30

14日、米議会上院銀行住宅都市委員会に出席した米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長(AP)
14日、米議会上院銀行住宅都市委員会に出席した米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長(AP)【拡大】

  • 14日、米議会上院銀行住宅都市委員会に出席した米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長(ロイター)

 【ワシントン=小雲規生】米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は14日、上院銀行住宅都市委員会で証言し、今後も雇用や物価の改善が続けば、「政策金利の調整が適切になる」と述べ、次回3月の連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げも排除しない考えを示した。

 イエレン氏は、足元の雇用環境の好調さを強調。物価上昇率はFRBが目標とする2%を下回っているとしながらも、物価上昇期待が1年前に比べて高まっていると指摘。利上げのタイミングを待ち過ぎることは「賢明ではない」とした。利上げペースは段階的になるとしている。

 さらに、トランプ政権の財政政策に意見するつもりはないとしつつも、生産性向上を目的とした政策で長期的な成長力を高め、財政の健全性を維持することが重要だと言及。トランプ大統領が景気刺激策として減税やインフラ投資を打ち出していることを牽制(けんせい)した。

 一方、過去2年間のドル高が製造業の活動に制約を加えたとも述べた。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。