アニメ制作現場「脱ブラック」へ 経産省、描画ソフトに共通規格で作業負担軽減 (3/3ページ)

デジタル化が進むアニメ制作の作業風景=東京都内(スタジオ雲雀提供)
デジタル化が進むアニメ制作の作業風景=東京都内(スタジオ雲雀提供)【拡大】

 日本アニメは独自に進化した2次元の表現方法に強みを持つ。動画を細かくつなげば滑らかな動きになり、省略すれば、一瞬で大きく動いたようにみえて、スピード感が強調される。こうしたノウハウは職人の世界の中でアナログ手法で積み上げられ、守られてきた。

 一方、欧米のアニメで主流になっている3D(3次元)CG(コンピューターグラフィックス)のプログラマーが、ゲーム業界などからも引き合いがあることで、好待遇で迎えられるのに対し、日本のアニメーターは閉じられた業界で疲弊している。

 日本のアニメ業界はテレビ局の制作費削減などのあおりを受けて、さらに苦境に立たされている。人手がかかる動画作成を中国や韓国に外注することでアニメ制作を続けている。

 この結果、動画作成に携わった中国、韓国のアニメーターはめきめきと技術を向上させている。アニメの制作現場を見直し、生産効率とアニメーターの待遇改善が急務だ。(高木克聡)