株価・外為

年度末株価、27年ぶり高値2万1454円 日米政治リスクで先行き予断許さず (1/2ページ)

 平成29年度末を迎えた30日の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、終値は前日比295円22銭高の2万1454円30銭と、年度末としては2年度末以来27年ぶりの高値水準となった。28年度末と比べ2545円04銭(13・5%)上昇し、2年連続で前年度末を上回った。ただ、日本株への影響が大きい米国株は2月の急落後も不安定な値動きが続く。日米の政治リスクも横たわり、新年度相場の先行きは予断を許さない。

 2年連続で前年度末を上回ったのは、今年1月下旬まで続いた日米株高の効果が大きい。終値では、日経平均は1月23日に2万4124円15銭とバブル経済崩壊後の最高値を更新。米ダウ工業株30種平均も、1月26日に過去最高値の2万6616・71ドルをつけた。

 年度末の株価上昇は、株式を保有する企業にも影響する。野村証券が30日発表した試算では、3月期決算の上場事業法人の保有株式の含み益は29年度末現在で、28年度末比22・5%増の18兆5千億円と、過去最高を更新したもようだ。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus