接続遮断法制化に異論続出 海賊版サイト、対策再検討 (1/2ページ)

 政府は13日、漫画などを無料で読ませる海賊版サイトの対策を検討してきた有識者会議に中間報告書の素案を示した。素案は強制的に閲覧を止める接続遮断(ブロッキング)をめぐり、条件付きで法制化を容認する内容を盛り込んだ。憲法が保障する「通信の秘密」が侵害されると主張してきた委員が相次いで反対意見を表明し、中身を再検討することになった。

 法制化方針は政府が4月に打ち出したが、会議を通じ、異論が多い現状が浮き彫りになった。19日の次回会合を想定してきた報告の取りまとめは、難航が予想される。

 素案は、海賊版サイトによる著作権侵害が深刻化していると説明し「総合的な対策」として、問題サイトへの広告出稿の封じ込めや青少年への啓発活動などを列挙。関連業界が連携した枠組みづくりの必要性を訴えた。

 一方、それぞれ実効性に課題があることにも触れた。委員の合意事項とはせず賛否両論を示しつつも、接続遮断の法制化が「政策的な選択肢となり得る」と記した。

続きを読む