視点

中国の宇宙開発 対米国ラウンドのゴングが鳴った (1/3ページ)

 中国の無人月探査機「嫦娥(じょうが)4号」が3日、月の裏側に着陸した。世界で初めての成功だ。米国もロシアも達していない領域への進出である。

 米国と激しい貿易戦争を展開する中で、「宇宙強国」としての存在感を世界に強く示す中国の対応だ。

 トランプ米大統領は2017年末、月に重点を置いた宇宙開発構想を発表している。その約1年後の、しかも年頭に、中国は難度の高い月の裏面に探査機を軟着陸させ、搭載していた探査車「玉兎(ぎょくと)2号」を走らせている。「どんなものだ」と言わんばかりの宇宙技術力の誇示である。(産経新聞論説委員・長辻象平)

 1960年代の月面では、東西冷戦下の米ソ両国によって、国家の威信をかけての先陣争いが展開されていた。

 月面への硬着陸は、59年9月にソ連が「ルナ2号」で米に先んじ、その1カ月後に打ち上げられた「ルナ3号」は、人類がそれまで見ることのできなかった月の裏側の写真を撮影してみせた。

 66年には「ルナ9号」が初の月面軟着陸に成功している。実はこの成功まで月面が硬い岩か、微粉末の厚い堆積層であるのか分からなかったのだ。

 人工衛星の打ち上げから、有人宇宙飛行、宇宙遊泳、無人探査機による月面探査-まで終始、ソ連のリードが続いた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus