認知症事故の保険導入、葛飾・中野区が都内で初の試み 新年度事業に (1/2ページ)

 認知症患者の徘徊(はいかい)などによって引き起こされた事故の被害者や本人を救済するため、葛飾区と中野区は7日、高齢者らを対象とした保険に加入する平成31年度の新規事業をそれぞれ発表した。ともに「都内初」としている。高齢者が徘徊中に電車にはねられ、鉄道会社から損害賠償を請求されるケースがあり、葛飾区は5億円、中野区は3億円を上限に損害を補償する。

 認知症患者による事故では、愛知県大府市で平成19年、91歳男性が徘徊中に電車にはねられ死亡。JR東海は家族に720万円の損害賠償を求めた。最高裁は28年、家族の監督責任と賠償責任はないとする一方、家族の状況によっては賠償責任を負うとの判断を示した。全国では神奈川県大和市、海老名市などで同様の保険事業が行われている。

 葛飾区は人口に対する65歳以上の高齢者率が24.5%(昨年1月)で、23区内で3番目に高い。保険の対象者は、徘徊する可能性のある高齢者の持ち物に登録番号などを記載したシールを貼る「おでかけあんしん事業」の登録者。昨年末時点で244人が登録し、今年度末に540人まで増えると想定している。

 保険は認知症患者が引き起こした事故などに巻き込まれた第三者に補償するほか、患者本人も対象。鉄道会社に損害を与えた場合などで最大5億円、患者本人が死亡した場合などで50万円まで補償される。区は事業全体で270万円を一般会計当初予算案に計上し、保険料は年間124万9千円。

続きを読む