海外情勢

経済成長進む新興国、肥満や糖尿病が社会問題化 (1/2ページ)

遅い夕食や運動不足、コンビニも普及

 アジアの新興国で経済成長が進む中、肥満が大きな社会問題となっている。都市部を中心にライフスタイルが大きく変わり、高カロリーな食生活や運動不足によって糖尿病の患者も増加。医療費の増加など深刻な影響をもたらしかねないとして、専門家は警鐘を鳴らしているが、有効な対策は見いだせていない。

 ◆知識とバランス欠如

 約13億の人口のうち、およそ3人に1人が菜食主義者とされるインド。ヨガの盛んな健康大国のイメージがある一方、世界でも屈指の糖尿病大国でもある。国際糖尿病連合によると、2017年のインドの糖尿病患者数は7290万人で、中国に次いで2位。だが45年には1億3430万人となり、中国を抜くと予測されている。

 インドの医療研究機関「全国糖尿病・肥満・コレステロール連合」のアノープ・ミスラ代表は「菜食主義者でも油と砂糖の多く入った食事を好む。知識とバランスの欠如が患者を増やしている」と話す。夕食を午後10時以降にとって直後に寝る食習慣、過酷な気候や大気汚染による屋外運動の妨げも原因という。

 ニューデリー中心部の菓子店では、甘いシロップをたっぷりかけた商品が並ぶ。だが最近では売れ行きが落ち、砂糖の使用を控えた菓子も。店主は「甘いものを控えるより、スマートフォンをやめて運動した方がいいはずだ」と顔をしかめた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus