ニュースレビュー

9.22~26 海外 (1/2ページ)

 ■トーマス・クック、事業清算へ

 欧州の旅行代理店大手トーマス・クック・グループは23日、資本増強と事業再編について関係者との調整が不調に終わったとして、事業清算の手続きに直ちに入るため英国の裁判所に承認を申し立てたと発表した。同社は世界初の旅行代理店とされる。

 ■ウィーワークCEO辞任

 共有オフィス「ウィーワーク」を運営する米ウィーカンパニーは24日、共同創業者、アダム・ニューマン最高経営責任者(CEO)のCEO職辞任を発表した。同社は9月に上場するとみられていたが、投資家から企業統治や事業の収益性に疑念を持たれ、上場を延期した。

 ■独当局、VWトップら3人起訴

 ドイツ検察当局は24日、フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題に絡み、株価の操作に関与したとして、ディース最高経営責任者(CEO)、監査役会のペッチュ会長、ウィンターコルン元会長の3人を起訴した。多額の経済的損失の公表を意図的に遅らせたという。

 ■ダイムラーに罰金1030億円

 ドイツ検察当局は24日、車体の十分な検査を怠り、排ガス規制に違反したディーゼル車を出荷したとして、ダイムラーに罰金8億7000万ユーロ(約1030億円)を科したと発表した。ダイムラーは罰金を支払う意向。検察は問題行為が2008年以降、発生していたと指摘した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus