ジェーンズ・ディフェンス・ウオッチ

中国製の軍事ドローン「彩虹4号」(上)射撃能力向上目指す (1/3ページ)

 中東・アジア向けに700億円超輸出

 欧米製手本か? 中国側は「独自」強調

 中国が開発した軍事用ドローン「彩虹4号(CH-4)」は中国軍事史上、最も重要な輸出品の一つだ。2014年後半の導入以来少なくとも30機、約7億ドル(約754億円)相当が中央アジアや中東の軍隊に納入されている。知られざる性能をリポートする。

 射撃能力向上目指す

 CH-4は中国国営の中国航天科技集団公司(CASC)の下部組織である中国航天空気動力技術研究院(CAAA)が、変化する戦場の課題に迅速に対応すべく、中高度長時間滞空(MALE)できる飛行能力を備えた無人航空機(UAV)として耐久性、射撃能力の向上を目指した。

 CH-4はCAAAの特殊航空機事業部が開発・製造した第4世代プラットフォームだ。この航空機は米UAV製造大手ジェネラル・アトミクス・エアロノーティカル・システムズ(GA-ASI)製の「MQ-1プレデター」と「MQ-9リーパー」の設計からヒントを得たように見える。しかしCAAAはジェーンズに対し、「CH-4の設計は基本的に白紙の状態から始めており、航空機構造や搭載アーキテクチャーの点で米国の航空機とはほとんど類似点がない」と説明している。

 CH-4はCAAAが製造に成功した国産の戦術級「CH-1」と「CH-2」のプラットフォームをベースに作られているが、両機の最大離陸重量(MTOW)は前者が140キログラム、後者が220キログラムだ。両機は中国人民解放軍の砲兵隊の超水平線照準および戦場損害査定(BDA)ミッションのために、650キログラムの輸出志向型CH-3とともに獲得された。

 アフガニスタンとイラクでの合同作戦を支援するMQ-1とMQ-9の性能を観察した上でCAAAは離れた距離から持続的に偵察でき、さまざまなセンサーや武器、武装貨物を積載できる次世代航空機を求めた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus