5時から作家塾

バーガー大手の米マクドナルド ついにビーガンバーガー市場に参入! (1/2ページ)

岡真由美
岡真由美

 ファストフード大手チェーンの米マクドナルドが、本物の肉の代わりに植物から作った「肉」を使ったバーガーを開発、2021年から店舗で提供する計画を明らかにした。

 肉を使わないハンバーガーそのものは、特に新しい話題ではない。こちらの記事で以前に紹介したインポッシブル・フーズは数年前より商品開発を行い、ファストフードチェーン大手バーガーキング、ファストフードチェーン店ホワイトキャッスル、その他レストランに提供している。

 またインポッシブル・フーズと競合するビヨンド・ミートも、ファスフードチェーンのカールスジュニアやサブウェイ向けに商品開発を行っているほか、コスコ(日本ではコストコ)やセーフウェイ、ターゲットなどの量販店やスーパーに、本物の肉を使わない植物ベースのソーセージ、ベーコン、パテなどを卸している。

 「マクドナルド向けにマクドナルドが作る」

 しかし、マクドナルドによる植物ベースのバーガー市場への本格参入宣言は大きな話題となった。店舗数、売上高ともに、同社の影響力は非常に大きいからだ。

 米国のファストフードチェーン店売上高順位でみると、マクドナルドの2019年の売上高は約404億ドルで、2位のスターバックス(約216億ドル)に圧倒的な差をつけている。ちなみに先に挙げたバーガーキングは5位で売上高は約103億ドル、サブウェイは6位で同約100億ドルであることを考えれば、マクドナルドの売上がどれだけ大きいかが分かるだろう。

 実はマクドナルドは、すでに米国内の一部地域で、2019年9月より植物ベースのハンバーガーを試験的に販売している。そしてこの「パテ」を開発、製造していたのは先述のビヨンド・ミートだった。

 しかし、マクドナルドが2021年に「マックプラント」(プラントは「植物」という意味)として植物から作ったパテをはさんだバーガーシリーズを展開すると発表した時、「マクドナルド向けにマクドナルドが作る」とコメントしたため、翌日ビヨンド・ミートの株価は大きく下落した。マクドナルドがビヨンド・ミートとの提携を取りやめたと受け取られたためだ。その後、「マックプラント」シリーズの一部はビヨンド・ミートが担当することが判明、同社の株価も落ち着いた。

 マクドナルドは「マックプラント」シリーズとして、ビーフ風、チキン風バーガーを開発するとしているが、発売時期や価格などの詳細は明らかにしていない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus