高論卓説

陳舜臣と李登輝、大政治家と大作家の関係 なお険しい日中台関係をどう論じるか (1/2ページ)

 いま神戸華僑歴史博物館で、「陳舜臣没後六年桃源忌特別展(20日まで)」を開催している。拙著『タイワニーズ 故郷喪失者の物語』で陳舜臣さんのことを詳しく書いたことがある。大事な会議が大阪であり、せっかくの機会なので、神戸まで足を延ばした。同博物館は、三宮駅から神戸中華街を抜け、徒歩数分の場所にある。途中、中華街の閑散ぶりに驚かされた。行列で有名な豚まんの名店「老祥記」も数人が並んでいるだけ。いつもは買う気にならないが、今回は寒空の下で久しぶりにほかほかの豚まんを味わった。

 6年前に亡くなった陳舜臣さんの一生を写真と資料で振り返る展示の中で目にとまったのは、昨年逝去した李登輝・台湾元総統と陳舜臣さんの関係だ。

 台湾系の華僑として神戸に育った陳舜臣さんは戦後数年だけ英語教師として台湾に渡り、再び日本に舞い戻った。作家デビュー後、長期の戒厳令を敷いた国民党政権の台湾統治を批判的に記したため、祖国・台湾に渡れなくなった。李登輝さんが総統になり、1990年、台湾を40年ぶりに再訪し、李登輝さんと会ったことが展示に記されていた。

 陳舜臣さんの本には、李登輝さんがしばしば登場する。『道半ば』では、陳舜臣さんの友人である医師の何既明さんが若き日の李登輝さんと台湾への引き揚げ船で出会ったことに触れている。戒厳令下の台湾で文化の灯を消さないように古書店屋を開くことを計画したが、蒋介石政権に警戒されて、仲間の2人が逮捕銃殺され、李登輝さんも危険な目に遭った。この計画に陳舜臣さんも誘われていたが、日本帰国のために参加せずに難を逃れた。

 その何既明さんの斡旋(あっせん)で李登輝さんが動き、陳舜臣さんの帰国は解禁された。その陳舜臣さんの引きで、大阪外大時代からの友人、司馬遼太郎さんは「街道をゆく 台湾紀行」の取材で台湾を訪問し、李登輝さんへの伝説的なインタビューを行った。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus