国内

菅首相記者会見詳報(1)酒類提供「感染防止徹底店は19時まで」

 菅義偉(すが・よしひで)首相は17日夜、官邸で記者会見を開き、新型コロナウイルス特別措置法に基づき10都道府県に発令していた緊急事態宣言について、沖縄を除く9都道府県を20日の期限をもって解除する方針を発表した。記者会見の詳報は以下の通り。

 「先ほど新型コロナ対策本部を開催し、北海道、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県について、6月20日をもって緊急事態宣言を解除することとし、沖縄県については7月11日まで延長することを決定いたしました。あわせて蔓延防止等重点措置について、北海道、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県を新たに対象とし、期間は7月11日までとすること。埼玉県、千葉県、神奈川県は7月11日まで延長すること。岐阜県、三重県については6月20日をもって終了することを決定いたしました」

 「全国の感染者数は5月中旬以降、減少が続いています。ほとんどの都道府県において新規感染者数はステージ4(爆発的感染拡大)を下回っています。全国の重症者数も減少が続き、病床の状況も確実に改善されてきております。しかしながら、地域によっては感染者数に下げ止まりが見られるほか、変異株により感染の拡大が従来よりも速いスピードで進む可能性が指摘されております」

 「こうした状況のもとに、今後、何よりも警戒すべきことは、大きなリバウンドを起こさないことです。大事なことは緊張感を持って対策を継続し、感染者数の上昇をできるだけ抑えることであり、同時に1日も早く、希望する方へのワクチン接種を進め、医療崩壊を起こさないことです。このため東京、大阪など7つの都道府県については、3週間の蔓延防止等重点措置を実施し、依然として感染者数がステージ4を上回る沖縄県については、緊急事態宣言を延長することといたします」

 「多くの皆さまに引き続き制限をお願いすることは大変、心苦しい限りですが、安心できる日常を取り戻すため、ご理解とご協力をお願いを心からお願いを申し上げます」

 「今回、緊急事態宣言を延長した地域では、これまでの対策を継続します。重点措置の地域でも引き続き飲食を中心とした対策を講じることとし、飲食店の20時までの時間短縮をお願い致します。酒類についてでありますが、感染防止策の徹底などの要件を満たす店舗では19時まで提供できることとします。ただし、その上で、都道府県の判断により、感染状況に応じ、酒類の提供停止を要請することも可能とし、飲食の制限が長引く中にあっても、実効的な対策を進めてまいります」

 「またスポーツなどのイベントの人数制限について、重点措置の期間は、これまでと同様に5000人の上限を設けた上で、その後、1カ月間についても厳しい制限をお願いすることとし、1万人を上限とする経過措置を設けることとします。今後とも高い警戒感を持って対策を続けてまいります」

 「再拡大により医療(提供体制)の逼迫の兆しが見られた場合には、酒類提供の一律停止や、より厳格なイベントの開催制限など対策の強化も含め、機動的に対処をいたします。皆さまにはマスク、手洗い、3密の回避という、基本的な感染対策を徹底すること。とりわけ会話の際には、マスクを着用するという感染防止へのご協力を心からお願い申し上げます」

 「ワクチンの接種はこの1週間で、合計730万回、1日平均100万回を超えるペースで増加をしています。累計の接種回数は2700万回を超え、1度でも接種した人の数は、2000万人を超えました。自治体や医療関係者などのご協力に心から感謝をいたします。今回のG7(先進7カ国首脳会議)で、首脳たちとさまざまなことを語り合いました。新型コロナについては、いずれの首脳たちも、経済との両立などに思い悩みながら試行錯誤を繰り返し、結局はワクチンの接種が進むことで、状況は大きく改善をしたとのことでした」

 「今月末には、(国内の接種回数が)4000万回を超える見込みであり、すべての市町村で7月末には、希望する高齢者への2回の接種が完了する見込みとの報告を受けております。これにより高齢者を中心とした重傷者の発生が大幅に減り、医療への負荷も大きく軽減されることが期待されます。大学生への接種も21日から本格的に始まる予定であります。既に新規感染者に占める高齢者や医療従事者の割合が低下しているとの指摘もあります」

=(2)に続く

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus