5時から作家塾

「プレミアム付商品券」は本当にお得なのか? 海自数学教官に聞く (1/2ページ)

泉澤義明
泉澤義明

 プレミアム商品券とは商店の活性化を図るため、1万円の販売価格に2000円や3000円分のプレミアム(割り増し分)が付いた商品券で、市町村が地元の商店を応援するために企画されている。市民にも企業にも好評の企画を立てる商工観光課の担当者と、防衛省海上自衛隊数学教官で『身近なアレを数学で説明してみる』等著書の佐々木淳さんにお話を聞きました。

 まずは、岩国市商工振興課の担当者に好評のわけを教えて頂きました。

 「2020年の『岩国市プレミアム商品券』の販売率は91%でした。約18億円が市内の店舗に使われ地域活性化につながったと思います。コロナの影響が続く2021年も市内の経済効果を高めるため販売を決定しました。店舗数も50店舗以上増え、商店の方、市民の方にも喜んで頂いていると思います」

 好評のわけは岩国市の『岩国市プレミアム商品券』は1セット(1000円×10枚)を5000円で購入できるところにある(1世帯あたり2セットまで)。

 「市内の消費を喚起することを第一に考えて、お金を動かす。消費活動があることによって経済が循環して、地域経済の活性化につながると考えていたので、効果を考え、できるだけプレミアムを高く設定し100%設定しました」

 プレミアム率100%とはお得なのか? 佐々木さんに教えて頂きました。

 「割引きやプレミアムやポイントによる還元の違いを分かりやすくするためには、すべて割引率に換算して比較するのがよいと思います。例えば10000円の商品で考えてみましょう。10000円の商品を「6割引き(60%引き)」で販売した場合は4000円ですが、この商品をプレミアム付き商品券(ポイント還元)にしてみます。つまり、10000円の商品券に6割(60%)分のプレミアムが付くものとします。10000円の商品券に6割(60%)分のプレミアムが付く場合を逆に考えると、16000円を6000円分割引され10000円で購入したことと同じになります。16000円を6000円引きは、3.75割(37.5%)引きと同じになります。「6割引」と聞けば、相当魅力的ですが3.75割引と言われると魅力度は落ちるのではないでしょうか」

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus