SankeiBiz for mobile

レトロゲームブームに物申す 学んだのは理不尽さ 「無理ゲー」「クソゲー」にトラウマ

記事詳細

レトロゲームブームに物申す 学んだのは理不尽さ 「無理ゲー」「クソゲー」にトラウマ

更新

 《4位》ドルアーガの塔(ナムコ)

 いま思うと、理不尽ゲームとも言えるが、あのチープな画面が逆に想像力を刺激し。キャラとアイテムがいちいち素敵。最終面で壁を破壊して粗相なんてこともあったなぁ。

<< 下に続く >>

 《3位》ボンバーマン(ハドソン)

 なんせ、爽快。アクションとパズルの要素が秀逸。BGMもいい感じ。

 《2位》ポートピア連続殺人事件

 これにかぎらず、『オホーツクに消ゆ』、PC版の『軽井沢誘拐案内』など、堀井雄二(ゲームデザイナー)の推理モノアドベンチャーは大好きだった。最後の迷路が難しかったなあ。犯人は、あなたですか。

 《1位》ドラゴンクエスト2

 セーブシステムの「復活の呪文」問題などがありつつも、やっぱりハマってしまった。初のパーティー制。ドラクエは7まではプレイしたが、どれも好き。特に2、5、7が好きだなあ。

 最後は中年の雑談になってしまったが、どうだろうか。というか、スーパーマリオもMOTHERも入っていないですまない(MOTHERはやってない)。というわけで、等身大のゲーム語りをしよう。うん。

【プロフィル】常見陽平(つねみ・ようへい)

常見陽平(つねみ・ようへい)千葉商科大学国際教養学部専任講師

働き方評論家 いしかわUIターン応援団長

北海道札幌市出身。一橋大学商学部卒業。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了。リクルート、バンダイ、クオリティ・オブ・ライフ、フリーランス活動を経て2015年4月より千葉商科大学国際教養学部専任講師。専攻は労働社会学。働き方をテーマに執筆、講演に没頭中。主な著書に『なぜ、残業はなくならないのか』(祥伝社)『僕たちはガンダムのジムである』(日本経済新聞出版社)『「就活」と日本社会』(NHK出版)『「意識高い系」という病』(ベストセラーズ)など。

【常見陽平のビバ!中年】は働き方評論家の常見陽平さんが「中年男性の働き方」をテーマに執筆した連載コラムです。更新は原則第3月曜日。

▼常見陽平のビバ!中年のアーカイブはこちら

ランキング

Facebook Messanger登録

あなたに合わせたニュースを毎日お届け

Facebook Messangerを登録した時のイメージ画像です