クルマ三昧

歩行者保護用も…安全対策に注力するスバル 変化する事故の形態に対応

木下隆之
木下隆之

 スバルが安全システムの充実に力を入れている。良好な視界の確保、三角窓の採用、デジタルパックミラーの導入など、いわゆる「0次安全性能」と呼ばれる予防安全を高めているのはもちろんのこと、実際に衝突した後の処理など衝突安全性能への取り組みにも積極的な姿勢をみせている。

 細部に行き届いたエアバッグ

 特に感心するのは、エアバッグの充実だ。衝突時のドライバーの安全を確保するために、膝を守る「ニーエアバッグ」を開発した。衝突時にステアリングに内蔵されたエアバッグが開き、ドライバーの頭や胸部を保護するのは一般的だが、膝下からもクッションが飛び出すことでドライバーの胸部への衝撃を低減させるというのだ。

 助手席の乗員に対する保護では、シート下からエアバッグが作動する。シートベルトをしており、なおかつダッシュパネルのエアバッグが開いても、体が「くの字」に曲がることで損傷を負う可能性がある。それを座面の腿の裏側が盛り上がることで弱める効果がある。やや極端にいうならば、衝突の瞬間にシートがゆりかごのようになる。

 側面衝突に対する保護には、「サイドカーテンエアバッグ」が機能する。サイドからの衝突は生存空間が狭く、直接対象物とコンタクトしまうため損傷が強い。それを軽減させるための細工も行き届いている。

 近年の死亡事故の調査では、胸部の損傷が高い比率で報告されている。この背景には、高齢者が増え、胸部が弱い乗員が増えたことが関係している。頭部の損傷などは進化するエアバッグの効果によって減少傾向にあるものの、一方で胸部への被害件数は増加傾向にある。それを防止するための改良なのだ。

Recommend

Biz Plus

Ranking

アクセスランキング