SankeiBiz for mobile

ロシア、保釈拒否 グリーンピース船長ら 禁錮刑の可能性

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの国際

ロシア、保釈拒否 グリーンピース船長ら 禁錮刑の可能性

更新

 ロシア北西部バレンツ海で建設中の海上石油掘削基地に無断侵入し、油田開発への抗議活動を展開した国際環境保護団体「グリーンピース」の活動家30人をロシア当局が「海賊行為」の罪で起訴した問題で、ロシアの裁判所は10月14日、船長ら計3人の保釈を認めない決定を下した。起訴された30人は18カ国から集まっているとあって、当該国からメンバーの釈放や抗議船の差し押さえ解除を求める声が出ていたが、国内法を破る者には容赦しないというウラジーミル・プーチン大統領(61)の姿勢は崩れなかった。

 英BBC放送(電子版)やロイター通信などによると、今回、保釈を拒否されたのは、抗議船「北極の日の出号」の船長で米国人のピート・ウィルコックス容疑者(60)と、ニュージーランド人の活動家、デビッド・ジョン・ハウスマン容疑者(49)、そしてイタリアとアルゼンチンの両国籍を持つ女性活動家、カミラ・スペツィアーレ容疑者(21)。

 「暴力使ってない」

 とりわけウィルコックス容疑者は筋金入りの活動家で知られる。1985年、彼が船長だったグリーンピースの主力抗議船「虹の戦士号」が仏の核実験に抗議するためニュージーランドのオークランド港に停泊中、仏の特殊部隊がこの抗議船を爆破・沈没させた事件は有名だ。

 そんな彼はロシア北部の港湾都市ムルマンスクの裁判所で「海賊行為」の容疑を否認。「私は40年間、船による環境保護活動に従事しているが、暴力を使ったり、自分の利益のための抗議活動は一度たりとも行っていない。起訴される理由はない」と弁明。「できる限り最も強い方法で、この訴訟を拒否する」と訴えたが、認められなかった。

 国営ロシア通信(RIA)は、ウィルコックス容疑者が今回の決定に大変落胆しており、「すべてが終わったら、ニューヨークで新たな暮らしを始めたい」と心境を吐露(とろ)したと伝えた。妻のマギーさんは「夫は海賊ではない。ヒーローだ。(ムルマンスクの刑務所にいる)夫ら30人を(釈放し)帰宅させるよう、ロシア当局の常識と良心に訴える」との声明を出した。

 国際摩擦、気にしない

 グリーンピース側は油田開発が北極海の自然環境の悪化につながるとして9月18日、抗議活動を展開。プーチン大統領は「彼らは海賊ではないが、ロシアの法律を破った」としてこの日、現場に武装部隊を送り込み、基地によじ登った2人を拘束。翌19日には武装部隊が抗議船に突入し、全員を監禁・拘束。抗議船も押収した。

 今回の一件では先月(9月)、英国人2人、ロシア人4人の保釈も拒否されていることから、オランダ政府は今月(10月)4日、差し押さえられている抗議船の返還と活動家たちの釈放を求め国際海洋法裁判所への仲裁申し立て手続きを始めた。抗議船の船籍はオランダで、メンバーにオランダ人もいるからだ。

 グリーンピースの支援者らはメキシコやウクライナなど活動家たちの出身国にあるロシア公館に抗議行動を断続的に続けているほか、ヒラリー・クリントン米前国務長官(65)も今月(10月)11日、英国王立国際問題研究所でのあいさつで「ロシアの一連の対応は国際的にさらなる強い非難を巻き起こすだろう」と警告した。

 しかし、プーチン大統領は外交関係も巻き込んだ摩擦を気にする様子もなく、「全員、国籍を問わず起訴する」として過激な抗議活動には厳罰で臨む考えを変えていない。30人は最高15年の禁錮刑を受ける可能性が高まっている。(SANKEI EXPRESS

ランキング