SankeiBiz for mobile

タップダンサー・熊谷和徳 凱旋公演 一つになりたい 奏でる「楽器」

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSのエンタメ

タップダンサー・熊谷和徳 凱旋公演 一つになりたい 奏でる「楽器」

更新

世界的タップダンサー、熊谷和徳さんが1年間のNY留学を経て行った凱旋公演。タップと音楽の融合という革新的なパフォーマンスを見せてくれた=2014年1月18日、東京・渋谷のBunkamuraオーチャードホール(田中幸美撮影)  目を閉じて聞いていたら、まるで打楽器を演奏しているように思える。次の瞬間、純白のスーツ姿がステージに浮かび上がった。背景にはニューヨーク(NY)の摩天楼の映像。世界的タップダンサー、熊谷和徳(かずのり)さん(36)が約1年に及ぶNY留学から帰国、このほど東京・渋谷で凱旋(がいせん)公演を行った。

 白いタップシューズでときに激しく床を打ちつけてはビートを繰り出す。最初は無伴奏で足音だけが鳴り響き、そこにベースの低音が重なり、ドラムのバスドラが呼応する。さらにビブラフォンとギターがかぶさり、一つの音楽ができあがっていった。

 熊谷さんの繰り出すタップは、映画などで知るフレッド・アステアのような従来のタップダンスとはまったく印象が異なる。ダンスというよりも音楽の一部で、しかも打楽器だ。

 公演のタイトルは、「DANCE TO THE ONE」(たった一つの大切なことのために)。「大切なものはそんなにたくさんはない。今自分にとって本当に大切な一つのことはなんだろうと考えたときにひらめいた」タイトルだという。

 NYでは「じゃあね」という代わりに「ONE」と言って電話を切ることがある。「ONE」には、一つになるとか、「ワンラブ」という意味があり、メッセージより観客と一つになりたいという思いを込めたと語る。

 ≪震災、NY生活…ダンスに昇華≫

 凱旋公演の構想を練ろうと、NY州最東端のロングアイランドの突端にある「モントーク」という古い漁師町に足を運んだ。マンハッタンから電車で3時間。都会の喧噪(けんそう)から離れ、荒涼とした大地と海が広がる古い町だ。

 NYには都会特有のエネルギーが充満する。しかし、わずかに足を延ばせば都会の緊張から解放され、豊かな自然と触れ合うこともでき、ニューヨーカーはうまくバランスを取りながら生活している。今回の公演は都会のエネルギーから受けるインスピレーションがコンセプトになってはいるが、モントークを訪ねたことで「自然を受け入れるバランス感覚が大切だと思った」という。ステージ上では自身で撮影したモントークの映像をバックにパフォーマンスを繰り広げた。

 仙台出身で高校まで仙台で育ち、3年前の東日本大震災では友人や親戚を亡くした。震災を通して自然は脅威にもなり、恵みにもなることを身をもって体験した。震災によってタップへのモチベーションは一時ストップしたものの2012年秋、自身のタップの原点ともいえるNYへと旅立った。

 そして、震災やNY生活を通して再認識した人とのつながりや、自然を含め繰り返される営みの大切さをダンスへと昇華させたステージを見せてくれた。(田中幸美(さちみ)、写真も/SANKEI EXPRESS

ランキング