SankeiBiz for mobile

太陽が力 120時間世界一周 「ソーラー・インパルス2」公開

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの科学

太陽が力 120時間世界一周 「ソーラー・インパルス2」公開

更新

 燃料をいっさい使わず太陽エネルギーだけで飛ぶソーラー飛行機を開発するスイスの団体、ソーラー・インパルス・ベンチャーが4月9日、新型機「ソーラー・インパルス2」を公開した。2015年に世界一周飛行に挑戦する。120時間無着陸での達成が目標だ。初号機は昨年、離着陸を繰り返しながらアメリカ大陸の横断飛行に成功した。団体には世界各国の有力企業が資金や技術面で協力しており、ソーラー飛行機で得られたクリーン技術を自動車や住宅などの幅広い産業で活用することを目指している。

 翼はA380並み

 「ソーラー・インパルス2は太陽エネルギー効率が非常に優れており、最も驚異的な飛行機だ」

 スイス西部のパイエルヌ空軍基地で開かれた発表会で、団体の創設者であるベルトラン・ピカール社長(56)は、胸を張った。

 一緒に登場したアンドレ・ボルシュベルクCEO(最高経営責任者)も、「初号機は試作品で『空飛ぶ研究室』だったが、新型機はより大型でバージョンアップした」と語った。

 AP通信やフランス通信(AFP)などによると、ソーラー・インパルス2は、翼と胴体に装着した約1万7000個の太陽電池パネルで起こした電気を動力源とする1人乗りのプロペラ機。時速140キロで飛行し、夜間用の蓄電池も備えており、故障しない限り飛び続けられる。

 飛行性能を高めるため、両翼を初号機よりも8メートル長い72メートルに伸ばした。これは史上最大の旅客機といわれる総2階建てのエアバスA380に匹敵する。一方で、重量はわずか2.3トンと、A380の100分の1しかない。1平方メートル当たり約25グラムの炭素繊維を使用することで超軽量化を図った。

 来年4月にも出発

 世界一周飛行は、気象条件が最適となる来年4月から7月の間の時期に、ペルシャ湾から東に向けて飛び立つという。

 パイロットは、ピカール社長とボルシュベルクCEOが自ら務める。ピカール氏は1999年に気球による初の無着陸世界一周飛行を達成。ボルシュベックCEOも元スイス空軍のパイロットで腕前は引けを取らない。

 自動操縦機能のほか、リクライニングシートやトイレなどを完備しており、ボルシュベックCEOは「120時間ノンストップで世界一周飛行を実現することが目標」としている。このため、1日2時間の睡眠で4日間飛び続ける訓練を行っているという。初号機のアメリカ大陸横断は、各地でお披露目しながら飛行したため、約2カ月をかけた。

 2003年に活動を開始したソーラー・インパルス・ベンチャーに対しては、スイスの時計メーカー、オメガやドイツ銀行など約80社の民間企業が10年間で計約1億2400万ドル(約124億円)を出資。日本からはトヨタ自動車が支援しているほか、米グーグルも昨年(2013年)、技術供与でパートナーになった。

 ピカール社長はAP通信に「ソーラー・インパルスの技術を転用すれば、輸送や住宅、冷暖房、照明などのさまざまな産業の分野で電力消費量を半減できる」と語り、その意義を強調した。

 燃料をいっさい使わない世界一周飛行を成功させることで、再生可能エネルギーとクリーン技術の可能性を全世界にアピールする考えだ。(SANKEI EXPRESS

ランキング