SankeiBiz for mobile

“完全自動走行”の新グーグル車 完璧な機能と乗り心地に感嘆の声

ニュースカテゴリ:EX CONTENTSの科学

“完全自動走行”の新グーグル車 完璧な機能と乗り心地に感嘆の声

更新

グーグルが自社で設計した2人乗り自動運転車の試作車(グーグル提供)  2017年の実用化を目指し、09年から自動運転車の開発を進めている米グーグルが5月27日、車体を含めて自社主導で開発した試作車を初めて公開した。丸みを帯びたかわいい2人乗りのコンパクトカーだが、ハンドルもブレーキもアクセルもなく、完全な自動走行を実現させている。

 今夏から本社があるカリフォルニア州マウンテンビューの公道でボランティアの協力を得ながら走行実験を開始するとともに、今後2年間で自動車の街、デトロイトで約100~200台を製造する計画だ。世界の大手自動車メーカーが開発にしのぎを削る自動運転車の実用化がいよいよ間近に迫ってきた。

 スマホで目的地入力

 「米国の多くの公共の場には優れた交通手段がない。この計画は交通の便に恵まれていない人々の生活を激変させる」

 この日、カリフォルニア州で開かれた会議で、グーグルの共同創業者、セルゲイ・ブリン氏(40)は、自動運転車の実用化についてこう評した。

 グーグルの公式サイトや米紙ニューヨーク・タイムズ(いずれも電子版)などによると、試作車はボタンを押すだけで走り出し、スマートフォン(高機能携帯電話)の専用アプリを使って目的地を入力するなどして操作する。無駄を一切排除するためバックミラーやサイドミラー、小物入れ、カーステレオなどは付いていない。

 パトカーの赤色灯のように天井に付けられた電子センサーが360度全方位にわたり、約180メートル先にいる人や物まで感知することで安全運転を可能にしたが、念には念を入れ、最高速度は時速40キロに抑制。歩行者との衝突に備え、バンパーの代わりにボディー前面をフォーム(発泡プラスチック)材で覆い、従来製品よりも柔らかい材質のフロントガラスを採用した。

 グーグルがユーチューブに投稿したプロモーション映像では、完璧な機能と乗り心地に多くの人が感嘆の声を上げた。

 このプロジェクトの責任者、クリス・アームソン氏は「自動運転車で最も重要なのは安全性の向上だ。それを実現できた」と説明。「車を運転できない高齢者や障害者に新たな移動手段を提供できる」と胸を張った。

 「緊急時動作、不明で危険」

 グーグルは09年からフリーウェイ(高速道路)で、トヨタのプリウスやレクサスなどを使って自動運転車の試験走行を開始。12年からはマウンテンビューの市街地での試験走行に重点を移した。累計走行距離は約112万キロで、うち市街地で約1万6000キロを走行したが、事故やトラブルは一切なかった。

 こうした実験と並行して進めていた自動運転車だけに、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)の元幹部で現在、グーグルの自動運転車プロジェクトの安全部門の責任者を務めるロン・メドフォード氏は、英BBC放送に対し「自動車産業の歴史において最も重要な安全技術となる可能性を秘めている」と称賛した。

 しかし、米スタンフォード大学の自動車研究センターのエグゼクティブ・ディレクター、スベン・ビイラー氏は、緊急事態に直面した場合、人間によるデータ入力が求められていると指摘し、「緊急事態に(搭載した)コンピューターがどう作動するか分からない状況は非常に危険だ」と警告した。

 また現在、自動運転車の走行を法律で認めているのはカリフォルニア州、ネバダ州、フロリダ州に限られており、法整備も急がれる。

 グーグルの今回の試作車は無名のメーカーと提携して製造された。グーグル側は自社による自動運転車の製造・販売の可能性を否定しておらず、既存の自動車メーカーにとっても気になる存在となりそうだ。(SANKEI EXPRESS

ランキング