高論卓説

曖昧な印象評価、数値化で明確に 内定辞退率の予測は減速させるな (3/3ページ)

 自動車業界の経営者の方々に対して8プログラム16時間の経営実践スキル向上プログラムを実施した。本来目的はスキル向上であるが、そこで実施した延べ212回の演習結果を集計し、能動性、迅速性、理解力、正確性、計画実行力、スキルレベル、成長性を数値化した。「たまたまこうだった」ということを何回も同じように繰り出すことができる人は皆無なので、普段の姿が見えてくる。

 私たちのさまざまな行動を数値化することは可能だ。印象評価を数値評価し、曖昧なものを明確にし、空中戦の議論を廃止するための取り組みを減速させてはならない。

【プロフィル】山口博

 やまぐち・ひろし モチベーションファクター代表取締役、慶大卒。サンパウロ大留学。第一生命保険、PwC、KPMGなどを経て、2017年モチベーションファクターを設立。横浜国立大学非常勤講師。著書に『チームを動かすファシリテーションのドリル』『ビジネススキル急上昇日めくりドリル』(扶桑社)、『99%の人が気づいていないビジネス力アップの基本100』(講談社)。長野県出身。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus