ローカリゼーションマップ

物事の全体像を見るには 「問題解決」と「意味形成」の関係性だけでは不足 (3/3ページ)

安西洋之
安西洋之

 更にいえば、その風景のなかで日常生活を営む人々の想いや考え、あるいはアイデンティまでをも「実感」することだ。それはちょうど、異なった文化を自分なりに実感し、解釈する行為に似せられるだろう。

 言い換えれば、分析的なものの見方を相対化することによってしか全体像に迫れないはずだ。しかしながら、ぼくがみるところ、多くの議論は「分析的な見方の統合競争」に嵌っているような気がする。

 どれだけ統合すれば全体像を把握できるか、という相変わらず分析的な層での厚みを増すことにばかりに集中している話が多い印象がある。もちろん、厚みが増すのはいいのだが、問題は「これで全体像が掴めた」と確信してしまうことだ。

 これを誤解というのか誤謬と評すればよいのか分からない。しかしながら、これは全体像が分からないと不安にあるよりも始末に負えない。まずは、視点、見方、アプローチといった類は、あくまでも限定された言葉であることを認識しないといけない。一方、全体像は全体像で、主観的な要素も強い。

 肝心なのは、当然ながら、こうした議論は科学的な証明を目的としているのではなく、何らかの行動を起こす確信を得るためである。前進するため、それもマシな前進をするためのロジックこそが求められる。

 自分の分析能力が優れていると自慢したい人は別だが…。

『デザインの次に来るもの』

『突破するデザイン』

安西洋之(あんざい・ひろゆき)
安西洋之(あんざい・ひろゆき) モバイルクルーズ株式会社代表取締役
De-Tales ltdデイレクター
ミラノと東京を拠点にビジネスプランナーとして活動。異文化理解とデザインを連携させたローカリゼーションマップ主宰。特に、2017年より「意味のイノベーション」のエヴァンゲリスト的活動を行い、ローカリゼーションと「意味のイノベーション」の結合を図っている。書籍に『「メイド・イン・イタリー」はなぜ強いのか?:世界を魅了する<意味>の戦略的デザイン』『イタリアで福島は』『世界の中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』。共著に『デザインの次に来るもの』『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?世界で売れる商品の異文化対応力』。監修にロベルト・ベルガンティ『突破するデザイン』。
Twitter:@anzaih
note:https://note.mu/anzaih
Instagram:@anzaih
ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解すると共に、コンテクストの構築にも貢献するアプローチ。

ローカリゼーションマップ】はイタリア在住歴の長い安西洋之さんが提唱するローカリゼーションマップについて考察する連載コラムです。更新は原則金曜日(第2週は更新なし)。アーカイブはこちら。安西さんはSankeiBizで別のコラム【ミラノの創作系男子たち】も連載中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus