ローカリゼーションマップ

「人への尊厳がクリエイティブに繋がる」 本当に“腹落ち”したクチネッリ氏の哲学 (1/3ページ)

安西洋之
安西洋之

 イタリア中部のウンブリア州にあるファッションメーカー、ブルネッロ・クチネッリのことを本連載で初めて書いたのは2013年だと思う。ファッション業界で働く友人が、企業経営の側面からぼくが関心をもつはずと紹介してくれたのだ。そして創立者のクチネッリ氏に最初にお会いしたのは翌年3月だった。その後、彼とはウンブリア、ミラノ、日本で何度も言葉を交わしてきた。

 毎年(たぶん)1回は本連載に、そして他の媒体にも何回か書いているので、ブルネッロ・クチネッリについての記事を合計10数本は書いているはずだ。自著の2冊でも紹介している。2018年、伊語・英語で出されたクチネッリ氏の回想録もその当時に読んだ。

 だが、最近、この8年間のぼくの理解は浅く甘かったと気づいた。同社がエルメスと同等のブランド評価を受ける背景を表層的にしか捉えていなかった、と。この度、日本語になった回想録『人間主義的経営』を読みながら、数々のあらたな気づきが頭のなかをぐるぐると回りだした。

「人間主義的経営」 ブルネロ・クチネリ著(岩崎春夫・訳)

 例えば、初めてのインタビューの時に彼が話してくれた「人への尊厳がクリエイティブに繋がる」という自身の経営哲学を語るフレーズ。これを字面通りにしか理解していなかった。本当に腹落ちしたのはこの1-2年だ。

 先週も書いたストックホルム経済大でリーダーシップを教えるロベルト・ベルガンティ氏と一緒に仕事をしてきて、「人は自分で考えたことにはオーナーシップをもち、それがクリエイティブリーダーシップを支える」というロジックが身体で分かってきた。(先週も書いた→【ローカリゼーションマップ】物事の全体像を見るには 「問題解決」と「意味形成」の関係性だけでは不足)

 だからこそ、その人を大切にしないといけない、つまりは尊厳が第一にくるのだ。人を大切にすることを最優先する社会になれば、結果として人はクリエイティブになる。それがひいては富を生む。言うまでもないが、富を生み出すためにクリエイティブであることを目指し、人を大切にするのではない。考え方の順序が逆であってはいけない。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus