ローカリゼーションマップ

世間は狭い…と感じたら黄色信号? 「井の中の蛙」にならないために (3/3ページ)

安西洋之
安西洋之

 「スモールワールド!」と思った時は、小さい世界の濃度をもっとあげていくのが楽になり、どうアプローチすれば人のネットワークがより充実するかが見えてきている時だ。誰かと知りあいになろうと思えば、共通の知人がどこかにいるはずだ。だから世界は狭いと思えてくる。

 しかしながら、この時点から道なき道を歩むのが面倒になり、あまり意識しないで動く癖がついていくと「世界を知った気になる」。要するに、ある枠組みの向こうにある考え方や感じ方の存在に鈍感になるのである。

 もちろん、いくつもの枠組みを横断的に常に生きるのが現実として可能かどうかという問題がある。ただ、向こうにある世界を視界(あるいは意識)の片隅にでも入れておくのは、自らの位置を確認する術として必要である。

 そのためにも世界は立体的に見ないといけない。二点だけだと、向こうの世界とは距離の遠いところになる。単に平面で遠いところに行っても、自分の位置は掴めない。やはり上や斜めから見られるポイントが欲しい。それには三点なのだ。

 冒頭のぼくのエピソードに照らしてみよう。新しいラグジュアリーの動向としてぼくが今おさえている風景は、あまりに平坦に単純化して考えているがゆえに何らかの錯覚をしているのか? という自問はしてみたい。

安西洋之(あんざい・ひろゆき)
安西洋之(あんざい・ひろゆき) モバイルクルーズ株式会社代表取締役
De-Tales ltdデイレクター
ミラノと東京を拠点にビジネスプランナーとして活動。異文化理解とデザインを連携させたローカリゼーションマップ主宰。特に、2017年より「意味のイノベーション」のエヴァンゲリスト的活動を行い、ローカリゼーションと「意味のイノベーション」の結合を図っている。書籍に『「メイド・イン・イタリー」はなぜ強いのか?:世界を魅了する<意味>の戦略的デザイン』『イタリアで福島は』『世界の中小・ベンチャー企業は何を考えているのか?』『ヨーロッパの目 日本の目 文化のリアリティを読み解く』。共著に『デザインの次に来るもの』『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか?世界で売れる商品の異文化対応力』。監修にロベルト・ベルガンティ『突破するデザイン』。
Twitter:@anzaih
note:https://note.mu/anzaih
Instagram:@anzaih
ローカリゼーションマップとは?
異文化市場を短期間で理解すると共に、コンテクストの構築にも貢献するアプローチ。

ローカリゼーションマップ】はイタリア在住歴の長い安西洋之さんが提唱するローカリゼーションマップについて考察する連載コラムです。更新は原則金曜日(第2週は更新なし)。アーカイブはこちら。安西さんはSankeiBizで別のコラム【ミラノの創作系男子たち】も連載中です。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus