脳波やジェスチャー操作もここまで進化 “未来を感じる”クルマたち (1/4ページ)

 脳波やジェスチャーで操作できる--そんなクルマの未来を自動車メーカー各社が描いている。ここ数年で自動運転技術を始め、通信機能を備えるコネクテッドカーとその周辺技術はさらに発展し、未来を感じるクルマたちが数多く登場してきた。

 ITmedia NEWSでは、EV(電気自動車)メーカー大手の米Tesla(テスラ)最量販モデル「モデルS」の乗り心地を「自動運転」の切り口からレビューした。既に高速道路での運転サポートという観点では自動運転システムは有用なものになっているといえるだろう。

 一方、運転手がハンドルに触れる必要のない「完全自動運転車」の実現を巡っては、識者の中でも意見が割れており、「2020年代前半くらいに、自動運転もしくは自動運転にほぼ近いようなシステムが出てくる」という予測もある。

 これから、未来のクルマはどうなっていくのか。2018年3月までに発表されたコンセプトカーやクルマ関連技術を振り返る。

 ドライバーの脳波を検知 「ニッサン IMx KURO」

 運転手の脳波から違和感を検出し、思い描く運転になるようサポートするとうたうのが、日産自動車が「第88回ジュネーブ国際モーターショー」(3月18日まで、スイス)で公開したEVのクロスオーバーコンセプト「ニッサン IMx KURO」。

 「東京モーターショー2017」(10月、東京ビッグサイト)で世界初公開したコンセプトカー「ニッサン IMx」を改良し、「黒」をテーマにデザインを一新。完全自動運転(レベル5相当)を実現する他、クルマに任せて運転できる「プロパイロットドライブモード」を選ぶと、ハンドルを格納し、シートをリクライニングするという。

目的地まで自動運転