アジア二輪車市場 比、パキスタン需要増 人口ボーナス期で新勢力台頭 (1/2ページ)


【拡大】

 アジアの二輪車市場の勢力図に変化の兆しが出ている。フィリピンやパキスタンが働き手の中心となる人口の増加で新勢力に育つ一方、中国やベトナム、タイは成熟期に入った。最大市場のインドはなおも成長が続き、日本のメーカーも力を入れている。

 世界の二輪車需要のうち8割以上を占めるアジア。公共交通網が不十分な地域では、手頃で便利な二輪車は庶民の足として生活に不可欠だ。中でもフィリピンやパキスタンは労働人口の多さが成長に有利に働く「人口ボーナス期」を迎え、成長が見込まれる。

 フィリピンでは2017年の新車販売台数が前年比15.7%増の131万台と伸び、通勤用のスクーターが売れている。パキスタンも19.1%増の178万台(三輪車を含む)と伸びが著しい。

 かつて最大市場だった中国は四輪車への移行もあり伸び悩んでいる。これまで成長の主役だったベトナムやタイの販売台数も鈍化傾向にある。二輪車世界首位であるホンダの五十嵐雅行執行役員は「成熟市場なので、これ以上は伸びにくい」と話す。愛車に個性を求める客層が増え、細身のボディーや剛性のあるボディーなど地元の人気に合わせたモデルを発売しているという。

続きを読む