真価問われる東芝3人体制 成功の鍵握る6分野、グローバル化への対応急務 (1/5ページ)

2013.3.21 08:15

東芝の売上高と最終損益

東芝の売上高と最終損益【拡大】

 東芝の新しい経営体制が6月下旬に発足する。主流の電力部門などではなく調達部門出身の田中久雄・新社長を、上場以来初の副会長に就く佐々木則夫社長と西田厚聡(あつとし)会長が支える異例の布陣だ。リーマン・ショック後、いち早く経営を立て直し、安定的な利益体質への復帰を果たした東芝。今後いかに売上高を拡大し、自他共に認めるグローバル企業の道を歩むか。真価が問われる。

 売上高減少に危機感

 「売り上げがどんどん減っている」。2月26日、都内の東芝本社で開かれた社長交代記者会見後、西田会長が記者団に漏らした一言が、直面する経営課題を象徴していた。

 リーマン・ショック直後の2009年、西田氏からバトンを渡された佐々木氏は10年に携帯電話事業、12年に中小型液晶事業を相次いで売却。同時に、エネルギーなどインフラ事業に経営資源を集めて収益体質を強化し、V字回復を果たした。

「成長軌道に乗せる私の役割は果たせた」と胸を張った

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

毎日25分からのオンライン英会話。スカイプを使った1対1のレッスンが月5000円です。《体験無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!