自販機「価格のジレンマ」 消費増税シフト…1本200円の高単価品を投入 (1/5ページ)

2013.5.3 09:00

清涼飲料水の自販機売上高と台数

清涼飲料水の自販機売上高と台数【拡大】

 アサヒ飲料とキリンビバレッジの飲料大手2社が5月上旬から、栄養成分が入った1本200円程度の「エナジードリンク」を自動販売機で売り出し、販路の拡充を図る。

 両社は急増する需要への対応を理由にしているが、2014年4月に予定される消費税率の引き上げに備えた戦略との見方も業界内ではくすぶる。自販機での飲料販売は、競争の激しさから単価の一律的な値上げがままならないのが現状。

 このため単価の高い商品を取り入れることで価格の硬直状態を崩し、消費税増税に合わせた値上げをスムーズに実現するのが隠れた狙いというわけだ。

 ブランド力武器に

 「自販機ならオフィスビル内など身近なところでも購入できる。自販機の売り上げアップにも貢献する商品だ」。アサヒ飲料マーケティング本部の松橋裕介課長は4月11日に都内で開いた発表会で、エナジードリンク「モンスターエナジー」を自販機で扱うメリットを強調した。

モンスターブランドの日本での独占販売権を取得

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!