パナソニック、ガラケー基板生産撤退へ 国内外4工場 (1/2ページ)

2013.11.29 09:37

大阪府門真市のパナソニック本社

大阪府門真市のパナソニック本社【拡大】

 パナソニックは28日、従来型携帯電話(フィーチャーフォン)や半導体部品に用いられる回路基板の生産を、国内外4工場で平成26年度中に終了すると発表した。

 価格競争力の面で台湾メーカーに劣っているためで、パナソニックはグループの回路基板事業を車載部品や産業機器などの用途に縮小する。

 三重県松阪市と群馬県大泉町の工場で生産に従事する社員計560人は原則としてグループ内の配置転換で対応する。

 三重の工場でフィーチャーフォンなど向けのALIVH(アリブ)基板の生産を26年3月までに、群馬の三洋電機の工場で半導体パッケージ向けのISB配線板の生産を26年9月までに終了する。

山梨県南アルプス市の工場に生産を集約

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。