ホンダが小型SUV、ヴェゼル発表「2クラス上の装備」に自信

2013.12.19 16:14

新型SUV「ヴェゼル」の発売を発表するホンダの伊東孝紳社長=19日、東京都港区

新型SUV「ヴェゼル」の発売を発表するホンダの伊東孝紳社長=19日、東京都港区【拡大】

 ホンダは19日、小型のスポーツ用多目的車(SUV)「ヴェゼル」を20日に発売すると発表した。ガソリン車とハイブリッド車(HV)があり、HVのガソリン1リットル当たりの燃費性能は27.0キロ。価格は187万~268万円。月4000台の販売を計画している。

 荷室や室内のスペースを広く設けたほか、運転席は、スポーツクーペで用いられる操縦席のような独立した空間を確保した。

 主力小型車の「フィット」と次期「シティ」と同じ車台(プラットフォーム)を活用して開発することで、コストを削減。デザイン開発などに振り分けた。

 3車種合わせて世界で年160万台販売する最量販車種との位置づけで、同日会見した伊東孝紳社長は「2クラス上の装備、質感を持った車だ」と自信を示した。開発責任者の板井義春主任研究員は、「フィットよりもヴェゼルが売れる地域もある。補完していきたい」と話した。

 競合車種には同じSUVの日産自動車「デュアリス」などを想定するが、国内においては、トヨタ自動車のHV「プリウス」からの乗り換えを最も狙っている。主力の購買層は50代がメーンという。

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。