ソニー“独り負け”経営再建へ大なた スマホとタブレットに経営資源集中 (1/3ページ)

2014.2.7 06:25

 ソニーは、パソコン事業の撤退とテレビ事業の完全子会社化に踏み込み、本業のエレクトロニクス部門の“顔”とも言える2つの事業で大なたを振るう。しかし同部門の黒字化の達成は来期以降にずれ込むことが確実となった。日立製作所など他の電機大手が好決算をたたき出す中、ソニーは“独り負け”の様相だ。

 「エレクトロニクス部門の運営面は進むべき方向に向かっている。この規模の構造改革はここで打ち止めにしたい」。平井一夫社長は6日の記者会見でこう述べ、来期に黒字化を目指す考えを繰り返し強調した。

 パソコン事業からの撤退を決断した理由について、平井社長は「市場や業界構造の変化」を挙げた。今後はスマートフォン(高機能携帯電話)とタブレット端末に経営資源を集中する。

しかしスマホ事業も順風満帆ではない

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。